版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国の狙いは民族絶滅 テンジン(著) - まどか出版
....

中国の狙いは民族絶滅 チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:まどか出版
四六判
240ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-944235-45-2   COPY
ISBN 13
9784944235452   COPY
ISBN 10h
4-944235-45-3   COPY
ISBN 10
4944235453   COPY
出版者記号
944235   COPY
 
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2009年3月
書店発売日
登録日
2010年11月11日
最終更新日
2010年11月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書ではチベット人、ウイグル人、モンゴル人、台湾人の著者が、中国から受けた民族弾圧の実態を語る。それぞれの民族的視野、歴史的視野から、「古来より中国の一部である」との中国側の主張を検証し、中国の抱える民族問題の核心を明らかにする。そして拡大する中国の軍事的、政治的脅威に対し、日本は東アジアの平和のために、弾圧を受け続けるアジアの諸民族のために何をするべきなのか、問いかける。

目次

●迫る中国の脅威、日本とわれわれがすべきこと          林建良  ……2
●チベット――踏みにじられた仏教国               テンジン ……11
チベット騒乱はなぜ起こったか――チベット侵略鉄道
   雪の国・チベットからの亡命  
チベット人弾圧を強めるネパール
インドでの亡命生活、そして来日
パンチェン・ラマが存命なら
歴史は証明する、チベットは中国ではない
「解放」後のチベット
チベット人と中国人は違う
中国軍や公安は泥棒だ
チベット人の抵抗
進められる民族抹殺政策
奪われる遊牧民の生活
チベット人のアイデンティティ根絶は不可能
日本は中国に譲歩してはいけない
●東トルキスタン――シルクロードに散った独立国  イリハム・マハムティ  ……45
二度の独立を果たした東トルキスタンとは
「ウイグルは中国の一部」は歴史捏造
外的要因に翻弄された東トルキスタン
すべてを奪いつくす中国
「ウイグルの母」、ラビア・カーディル
ウイグル史のタブー、イリ事件
被爆国は日本だけではない
ウイグル人が消えてしまう日
言語、宗教から民族浄化をはかる中国
中国人と心の話はできない
息子の将来のために来日
祖国のために
三度目の東トルキスタン独立へ
ウイグル人は「テロリスト」か
●南モンゴル――併呑されたもう一つのモンゴル      ダシ・ドノロブ  ……85
砂漠化が進む遊牧民の国
中国がひた隠すモンゴル近代史
潰える独立の夢――モンゴルの坂本龍馬・ハイサン
決心を持つロシア、持たない日本
ソ連がモンゴル統一を阻んだ
モンゴル人を襲った大虐殺――新内人党事件
日本に「協力」したモンゴル人の末路
「言葉と人」という、中国からの大波
南モンゴルのいま
賄賂、詐欺がまかり通る中国文化
民族の存亡のためにも独立が不可欠
モンゴル人にとっての日本
中国の横暴抑止には日本の力が必要
南モンゴル独立のために
● 台湾――迷走する独立への道                 林建良  ……129
台湾を占領した「もう一つの中国」
日本文化へのノスタルジア
台湾文化へのジェノサイド
監獄島となる台湾
台湾人としての目覚め
来るべきところに来た日本、そして独立運動へ
一人の台湾人として祖国独立のために
正常な国家ではない台湾
台湾が進むべき道
台湾人は漢民族ではない
民族意識の確立がなければ、中国に併呑される
日本が東アジアのためにできること
大陸文化から海洋文化へ
台湾には価値観同盟が必要だ
中国との新たな闘い方
中国は必ず台湾を狙う
●座談 自由のための共闘                         ……173
●関連年表 ……225
●解説に代えて 漢民族として日本国民として  石平  ……228

版元から一言

◎ここがポイント
・チベット人、ウイグル人、モンゴル人、台湾人の著者が、それぞれの民族が中国から受けた弾圧の実態と中国の脅威を語る
・多くの日本人が知ることがなかったチベット、ウイグル、モンゴル、台湾の歴史を明解に綴る
・チベット騒乱、台湾総統選挙、北京オリンピックなどの出来事は、中国と国際社会にどのような影響を与え、そして中国はどのように変容していくか、独自の見地から分析

◎こんな人にお薦め
・チベット・ウイグル・モンゴル・台湾に関心の高い人
・海外の政治事情に関心の高い人
・中国近現代史に興味のある人
・いわゆる「中国少数民族問題」に関心の高い人

著者プロフィール

テンジン  (テンジン)  (

チベット・アムド生まれ。高校生のときに亡命を決意。ネパール国境を越え、インド・ダラムサラへ。現地で日本人女性と結婚し、2000年に来日。その後、就職。チベットの人権問解決のために尽力している。

イリハム・マハムティ  (イリハム・マハムティ)  (

1969年、東トルキスタン・クムル生まれ。1991年、中国・西北師範大学中国語文学部中退。2001年、来日。2008年、世界ウイグル会議日本代表に就任。ウイグルの人権問題解決に向けた活動を始める。

ダシ・ドノロブ  (ダシ・ドノロブ)  (

1964年、南モンゴル・フフホト生まれ。1989年、中国・東北師範大学外国語学部卒業。1997年、来日。2004年からインターネット上で数々の文章を発表し、中国政府の対南モンゴル政策を批判。現在、亜細亜大学法学部非常勤講師。

林 建良  (リン ケンリョウ)  (

1958年、台湾・台中生まれ。1987年、交流協会奨学生として来日。東京大学医学部博士課程修了。台湾団結連盟日本代表、メールマガジン「台湾の声」編集長、日本李登輝友の会常務理事。著書に『日本よ、こんな中国とつきあえるか?』(並木書房)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。