版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
常識を越えて 東郷 健(著) - ポット出版
.

常識を越えて オカマの道、七〇年

発行:ポット出版
四六判
256ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-939015-44-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
絶版
初版年月日
2003年6月
書店発売日
登録日
2015年5月8日
最終更新日
2015年5月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介





この本は、私の時と時をつづった、



その時の思いを、感じたことを、記したことを、



地球上の生きものの、



地球上の人類という極犯罪者の一人としての告白です。



そして、私の覚ったことは



愛を「もっと、もっと愛を」と生きる。



そんなささやかな思想を地球上の凡ての生あるものに叫び、



宇宙の犯罪者でもある東郷健は、



ここに「せめて自らに恥なくねむりたい」、と。



二〇〇二年五月 東郷健



…東郷健の軌跡、全一冊!



目次

一章●家父長ってなんや



修業時代。/わたしの父は県議会議員、祖父は衆院議員だった…。/小学三年生になるときに父が食道ガンでなくなった。かなしくもさびしくもなかった。/



わたしの母は「まま母、まま母」と、連日いじめぬかれた。/母にとって、わたしは常に優等生でなければならなかった。/中学生のときに映画館で、初めての同性愛体験をした。/可愛らしい同性愛のラブレターを交換し合った。/わたしの射精はジェット機並みの速さだった。/男と男との生身の体の触れ合い。舌の吸い合いがどれほど続いただろうか。/戦後六年目に、わたしは大学生になった。/今の社会はマネー・イズ・オールマイティや…。/私のピアノに聞き惚れてくれた若者を、このままお帰しするわけにはいかない…。/君はすばらしいからだをしているネ…。?濡れねずみ?はささやきながら、幾度も挑んできた。/この男は狂っている、狂っていなければ、男のくせに男を抱くものか……。/あんた女泣かせやわ…。パンパンにささやかれた日。/全く世間並みの結婚式を行った。







二章●家族ってなんや



遍歴時代…事業に手を出して失敗したわたしが選んだ。ゲイの世界、そこで考えたこと、人間とは、愛とは、金とは。/長男が生まれたころに、男から電話がかかってきた。/男の狂った嫉妬からの暴力で、わたしは殺されかかった。/踊りのお師匠さんから、「今晩どうだす」と迫られて…。/なんでアメリカまでやってきて日本人の男に抱かれないかんのか…。/グリニッチビレェージでは、男と男が自由に愛を語っていた。/ブロイラー産業に着手。順調な滑り出しだったのだが…。/極道息子を持ってお気の毒ですなァ。借金まみれで…。母はそう、罵られた。/金と体と取引をしようか…。わたしが生まれて初めて泣いた日。/交番の目の前に、ゲイバーを出店。/一九六三年一月一九日、ついにオープン、店の名は?るどん?/わたしのパトロンと知っていてなんで、抱かれたんや。/パトロンにいうた。別れさしていただきます、お店にはこないでくださいね…。/男なのに「女給」といわれて、風営法違反で、警察のお世話に。/目と鼻の先のゲイバーに、ゲイ・ボーイを引き抜かれた。/不動産にダマされて、一千万円がパー。/カルーセル麻紀とのはじめての出会い。/タ、タイヘンや。ミキちゃんがオカマリンチに会わされている!/東郷さん、注意してください。梅毒二期症状です…。/小説家・椎名麟三先生がわたしの店にやってきた。/「深夜営業禁止条例」が一九六四年、施行されたので…。/電気代も水道代も滞り、酒までなくなった。/店は解散、家族を残して、独り東京へ上京。/?アオエ?がいま人手がないから、あそこの店に行ってごらん。/一から出直そうとやってきた東京、どんなことをしても働きたい。/ああ、落ちぶれたんだなァ…。/トイレ掃除をした時に、黄色い嘔吐物と涙が流れてきた。







三章●政治ってなんや



疾風時代。「オカマの東郷健」のキャッチフレーズで私が本当に言いたかったこと、そして「雑民の部屋」について。/叛逆に駆りたてた一〇代の美少年との出会い。/オカマの自己批判とは、オカマと宣言すること。/ギリギリに、ドロドロに生きて来た、とうごうけんを支援して欲しい。/母の死について。/お母ちゃん、死んでまでなんで差別をせなあかんネンやろ。/さあズボンのチャックをひきずり下ろせ、君の銃口を立てて発射せよ。/同性愛の世界にまで差をつけて喜んでいますネン。/夜はママと呼ばれ、昼はパパと呼ばれ…。/一夫一婦制という牢獄が政治家・資本家に利用されている。/レズビアン、ゲイ、SM……みんな差別されている。/雑民の部屋で愛の共有や。







四章●天皇ってなんや、オカマってなんや



NHKの政見放送│八〇年の参院選。/天皇が人間宣言したからと許せるか。/操作される群集心理。/天皇制を中心とした上昇志向。/結婚したがるゲイやレズビアン。/オカマという言葉が死ぬほど嫌いだった。/オカマという最低の差別。/異常と倒錯は今の社会や。/愛を語れぬ向坂逸郎│社会主義者の差別と偏見。/浮気をしらぬ大先生。/オカマは病気!







五章●ワイセツとの闘い



歴史に逆行する判決で、日本の裁判史上の汚点や。/ワイセツ物を輸入しようとして税関で捕まった。が、没収を拒否!/北海道のAさんは、「ワイセツ物」の輸入を試みるも、税関で没収。最高裁まで争った。/税関検査は検閲にあたらないンか?!最高裁の初判断。/憲法学者は猛反発。/個人的鑑賞が目的ならOK。東京高裁で健さんは無罪へ。/わいせつ物輸入に刑事罰。これが最高裁が下した判決か!/留置所になんどブチ込まれようが、ワイセツという言葉はないんやと訴えたい。/怪人二一面相事件で、ワイセツ理由に逮捕された!/人間の体のどこが猥褻なんでしょう。男が男を愛して、なぜ猥褻なんでしょう。/風に吹かれて、慈悲に包まれ、愛がすべてや、愛こそが命やと、私は叫び続けたい。







六章●差別との闘い



聾唖の候補の政見放送が五分、無言のまま流された!/手話通訳をつけてください!という訴えを、NHKは拒絶した。/多数者の意見が民主主義やといって、少数者の意見を無視してきたんや。/NHKが健さんの政見放送での発言を無断でカットした。/ブチ切れた健さんはNHKを提訴、東京地裁で全面勝訴したものの…。/NHKの建物に火をつけ、燃やそうではありませんか…。政見放送で訴えた。/異常なのはいまの社会や。/限りなき空と時とのただ中に小さきものの何を争う。/私には、夢があるんや…。中国にゲイバーをつくったる!







七章●東郷健ってなんだったんだろう



さあズボンのチャックをひきずり下ろせ。戦争にまつわる資本家共に向かって君の銃口を立てて発射せよ。/君は何故やらないのか、男と男がねることを。/東郷健はゲイの中で、禁忌(タブー)だった。/東郷健のせいで、ゲイの国会議員が誕生しない?。/それは、他人のふんどし根性だ。/事実は消えることはない。/「オカマ」は差別か?/在日外国人に「伝説の○○」という蔑称を用いたタイトルをつけるの??/「おかまの娘」と囃したてられいじめられてきた彼女が…。







終章●死と志



怪物弁護士・遠藤誠の死。/生まれた故郷の水を贈りつづけたんや…。/とても静かに落ち着いて、人の心に沈んでいくだろう。







あとがき●及川健二



東郷健を取り入るくらいの度量が市民運動には必要ではないか/そして、『常識を越えて……』は誕生した。/東郷健って何だったのだろうか…。







前書きなど





この本は、私の時と時をつづった、



その時の思いを、感じたことを、記したことを、



地球上の生きものの、



地球上の人類という極犯罪者の一人としての告白です。



そして、私の覚ったことは



愛を「もっと、もっと愛を」と生きる。



そんなささやかな思想を地球上の凡ての生あるものに叫び、



宇宙の犯罪者でもある東郷健は、



ここに「せめて自らに恥なくねむりたい」、と。



二〇〇二年五月 東郷健







著者プロフィール

東郷 健  (トウゴウ ケン)  (

一九三二年兵庫県加古川市生まれ。



雑民の会、雑民党の代表。『ザ・ゲイ』編集長。



伝説のオカマとして知られ、選挙活動、ゲイ雑誌編集、芝居など



幅広く表現活動をこなしている。一男二女の父。逮捕歴多数。



座右の銘は、「せめて、自らに恥じなく眠りたい」

及川 健二  (オイカワ ケンジ)  (

アクティビスト、ライター。



情報の透明性を確保するために、情報公開の推進や



内部告発者(ホイッスルブロワー)の保護を提唱・行動している。



趣味は大学野球観戦、自転車での遠出。



公共事業の原点を学ぶために、玉川上水の下部から上流まで、



自転車で駆け上ること、多々あり。



共著に『「オカマ」は差別か』(ポット出版)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。