版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「日本語」の文学が生まれた場所 黒川 創(著) - 図書出版みぎわ
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木|トランスビュー
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

「日本語」の文学が生まれた場所 (ニホンゴノブンガクガウマレタバショ) 極東20世紀の交差点 (キョクトウニジュッセイキノコウサテン)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
608ページ
上製
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-911029-04-6   COPY
ISBN 13
9784911029046   COPY
ISBN 10h
4-911029-04-8   COPY
ISBN 10
4911029048   COPY
出版者記号
911029   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年12月11日
書店発売日
登録日
2023年11月6日
最終更新日
2024年2月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-02-17 図書新聞  
評者: 中山弘明
2024-02-17 図書新聞  2月17日号
評者: 中山弘明
2024-02-11 しんぶん赤旗    2024/2/11
評者: 金子徹(著者インタビュー)
MORE
LESS

紹介

近代の「日本語」による文学の行き交いを、極東アジアの広がりに位置づける。
従来の文学史を更新する決定的論考!

20世紀初頭の都市「東京」を諸民族が行き交う極東アジアのハブとして着目し、ここからの「日本語」文学の形成と、国境を越えて展開される言語表現の行き交いの歴史を明らかにする。

夏目漱石や森鷗外の「言文一致」は、中国や朝鮮の「話し言葉」による文学革命と、何を共有したのか? 女性たちの生き生きとした話し言葉が、ここに現われ出たのは、なぜなのか? 植民地社会で「日本語」での創作を強いられた現地人の作家たちは、どんな抵抗と創造の軌跡を歩んだか? 今世紀に向かい、非日本人の定住者によって、新しく切り開かれてきた文学の領域とは?

「国境」と「外地」をキーワードとした「日本語」文学論の集大成!

目次


Ⅰ 鷗外と漱石のあいだで
第1章 鷗外と台湾と魯迅のあいだ
台湾映画の鷗外と北白川宮/「尖閣島」とは何か?/異なる言語の下で生きる――魯迅が日本にいたころ/中文と日文――働く者の創作の行き交い/葛藤の次元へ――“皇民文学”のなかで起きていたこと/さらに言語を失うことからの経験――一人の少年が本を読む

第2章 女の言いぶん
作家・森しげを読んでみる/「民報」の小母さん、前田卓の周辺/管野須賀子ののち

第3章 語りうる世界の深まり
移動について/地理について/語りうるものの膨らみ/残ったもののこと
おわりに

Ⅱ 〈外地〉の日本語文学の広がり
第1章 多面体の鏡――南方・南洋・台湾
はじめに/南島での記憶/台湾の“新文学運動”/黄氏鳳姿という少女が考えたこと/「決戦下」の日本語を宿主として語られたもの/生きている場所での滞留/「光復」後の日本語文学
作家と作品について(森三千代「どんげん」/井伏鱒二『花の町』/中島敦「マリヤン」/高見順「ノーカナのこと」/佐藤春夫「魔鳥」/楊逵「新聞配達夫」/中村地平「霧の蕃社」/黄氏鳳姿『七娘媽生』/張文環「芸妲の家」/坂口䙥子「春秋」「隣人」/龍瑛宗「邂逅」/呂赫若「風水」/王昶雄「奔流」/邱永漢「密入国者の手記」)

第2章 螺旋のなかの国境――満洲・内蒙古・樺太
はじめに/サハリン、「国境」の概念/樺太に芽ぐんだ日本語文学/日付の外のサハリン文学/満洲文学、広がりと領域/他者からの「満洲」経験/消えゆく場所に生きる
作家と作品について(宮内寒彌「中央高地」/小熊秀雄「飛ぶ橇――アイヌ民族の為めに」/譲原昌子「朔北の闘い」/安西冬衛『軍艦茉莉』/北川冬彦『戦争』/平林たい子「敷設列車」/谷譲次「安重根――十四の場面」/野川隆『九篇詩集』/今村栄治「同行者」/日向伸夫「第八号転轍器」/長谷川濬「家鴨に乗った王」/牛島春子「祝という男」/石塚喜久三「纏足の頃」/高木恭造「晩年」)

第3章 旗のない文学――朝鮮
はじめに/一九四〇年のクリスタル/異言語のアマルガム/鏡のなかの言葉/キメラの葛藤/肉体のなかの戦争/在日する肖像
作家と作品について(高浜虚子『朝鮮』/李寳鏡(李光洙)「愛か」/中西伊之助「不逞鮮人」/金熈明「異邦哀愁」/中島敦「巡査の居る風景――一九二三年の一つのスケッチ」/李箱「異常の可逆反応」ほか/李孝石「蕎麦の花の頃」/湯淺克衛「棗」/金史良「天馬」/井伏鱒二「朝鮮の久遠寺」/李石薫(牧洋)「静かな嵐」(第一部)/兪鎮午「南谷先生」/尹徳祚『歌集 月陰山』/青木洪「ミィンメヌリ」/金鍾漢『たらちねのうた』/小尾十三「登攀」/金達寿「塵芥(ごみ)」)

Ⅲ 新しい定住者が生みだす世界――金達寿から始まるもの
「在日朝鮮人」という意識の起源/根こぎにされた母子像/「内地」と屑鉄/ユーモアの発生源/被支配民族を結びつけたもの/『玄海灘』から始まる/日本とは、どういう土地か/「在日朝鮮人文学」を岩波文庫の緑帯に/背後に燃える火

[巻末資料]年表/索引/地図

前書きなど

この主題に着手してから、およそ三〇年を過ごしてきた。
一九九〇年代、三〇代だった私が、「外地」の日本語文学について手探りで調査を進めていたころ、当事者の台湾人、朝鮮人、日本人の作家たちのいくばくかは健在で、この人たちからじかに教えを受けられたことが、導きとなった。いまは、その人たちも、ほとんどが故人である。
過去について知ることは、未来に希望を見出すことにつながる。翳りゆく風光のなか、このごろ、私はそのようにも感じている。(本書「序」より)

著者プロフィール

黒川 創  (クロカワ ソウ)  (

作家。1961年京都市生まれ。同志社大学文学部卒業。1999年、初の小説『若冲の目』刊行。2008年『かもめの日』で読売文学賞、13年刊『国境[完全版]』で伊藤整文学賞(評論部門)、14年刊『京都』で毎日出版文化賞、18年刊『鶴見俊輔伝』で大佛次郎賞を受賞。主な作品に『もどろき』、『イカロスの森』、『暗殺者たち』、『岩場の上から』、『暗い林を抜けて』、『ウィーン近郊』、『彼女のことを知っている』、『旅する少年』、評論に『きれいな風貌 西村伊作伝』、『鴎外と漱石のあいだで 日本語の文学が生まれる場所』『世界を文学でどう描けるか』、編著書に『〈外地〉の日本語文学選』(全3巻)、『鶴見俊輔コレクション』(全4巻)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。