版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ユニバーサル・ミュージアム 国立民族学博物館(編集) - 小さ子社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 鍬谷
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909782106

ユニバーサル・ミュージアム さわる!“触”の大博覧会

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小さ子社
B5判
248ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-909782-10-6   COPY
ISBN 13
9784909782106   COPY
ISBN 10h
4-909782-10-9   COPY
ISBN 10
4909782109   COPY
出版者記号
909782   COPY
Cコード
C0070  
0:一般 0:単行本 70:芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月2日
書店発売日
登録日
2021年4月3日
最終更新日
2021年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-10-16 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

コロナ禍を経験した人類は、「さわらない・さわれない・さわらせない」日常が人間本来のコミュニケーション(触れ合い)を破壊することを知った。非接触社会は、豊かな触感を持つ文化を育てることができない。

さわって楽しむアート作品が大集合! さまざまな素材と手法を用いて、“触”の可能性を探る、「ユニバーサル・ミュージアム」大博覧会(国立民族学博物館、2021年9月2日~11月30日)の公式図録。

出展作家の解説に加え、「さわる美術鑑賞」の全国の取り組み事例を紹介する論考・コラムなど、総勢65名が執筆。

ユニバーサル・ミュージアムは単なる障害者対応、弱者支援ではない。コロナ禍の今だからこそ、視覚優位・視覚偏重の従来の博物館展示のあり方に一石を投じる。

目次

ごあいさつ(𠮷田憲司)

■総論
「未開の知」に触れる―東京2020オリンピック・パラリンピックの先へ―(広瀬浩二郎)
わあわあ対話が生まれる博物館―権威主義をぶっ壊せ!―(小山修三)
鑑賞と制作の新たな地平(半田こづえ)

■第0章 試触コーナー ―なぜさわるのか、どうさわるのか―
[出展作品によせて]
無視覚流鑑賞をユニバーサル化するために(広瀬浩二郎)
立体地図(三木繁親)
てざわりの旅―なぜ今、耳なし芳一なのか―(わたる(石川智弥+古屋祥子))

■第1章 彫刻を超克する
[出展作品によせて]
ひとのかたち(片山博詞)
つながる石彫(冨長敦也)
イメージする形(高見直宏)
動物彫刻(田代雄一)
厚みある時間/時空ピラミッド(北川太郎)

[論考]
彫刻にさわるとは(篠原聰)

[コラム]
「目で見ないこと」と「自然科学」には「期待」しかみえない(安曽潤子)

■第2章 風景にさわる
[出展作品によせて]
信楽をさわる―陶器で作るユニバーサル地図―(矢野徳也・さかいひろこ)
五感を研ぎ澄まして「体感するまちあるき」―信楽射真ワークショップ報告―(宇野晶)
場所に触れるということ(酒百宏一)
「貝塚の樹」―手ざわりに満ちた風景への回帰―(安芸早穂子)

[論考]
野外活動のユニバーサル化(山本清龍)
大きなものを身体でたしかめる―ダム―(藤村俊)

[コラム]
ふるさと考古学―遺跡と人のワークショップ―(さかいひろこ)

■第3章 アートで対話を拓く
[出展作品によせて]
触覚によるかたちの合成、線の表現(前川紘士)
この世界は小さな点でできている。(加藤可奈衛)
五感とふれあう(島田清徳)
龍脈を求めて(間島秀徳)
つやつやのはらわた(松井利夫)
様々な仮面(守屋誠太郎)
思考する手から感じる手へ、そして…(宮本ルリ子)

[論考]
「みる誕生」鑑賞会 アーティゾン美術館の新たな取り組み(細矢芳)
めぐるボーダレス・アートと、ユニバーサル・ミュージアム(田端一恵)

[コラム]
目を閉じてみる:感性の人間学・共感の環境学(阿部健一)

■第4章 歴史にさわる
[出展作品によせて]
古墳をひっくり返す(岡本高幸)
縄文の腕輪(石原道知)
服を土偶に/太陽の面(堀江武史)
西村公朝《ふれ愛観音像》 触ふれる仏像の試み(河島明子)
中東・湾岸地域の女性用飾面(後藤真実)

[論考]
歴史体感ツアーの試み(北井利幸)

[コラム]
歴史資料にさわる(松井かおる)
国立アイヌ民族博物館が歩む共生社会に向けて(立石信一)

■ 第5章 音にさわる
[出展作品によせて]
アーティストと視覚支援学校生徒との共同制作(亀井岳)
対話する音(渡辺泰幸)
さわる音―音を楽しむ原点へ―(永田砂知子)
タッチアート―人類の新たな「進化」が始まる!―(広瀬浩二郎)

[論考]
聴覚と触覚が呼び起こす―母の声と手足を通して―(大石徹)

[コラム]
ろう者と博物館(相良啓子)

■第6章 見てわかること、さわってわかること
[出展作品によせて]
想像開花模様/Flowering Imagination (Yoko-Sonya)
おもちゃでコミュニケーション― おもちゃと遊ぶ手―(長嶺泉子)
「Tactile Photography = さわる写真」というアート・メディウム(天田万里奈)
陶板名画(大杉栄嗣)
触図という二次創作物による作品鑑賞の新たなかたち(辰巳明久)
彫刻『神奈川沖浪裏』―北斎の世界観に触れる―(戸坂明日香)
さわるポップアップ絵本の魅力(桑田知明)
触察本 小川未明『野ばら』、『山之口貘詩選集』(真下弥生)
変体仮名を触読する意義(伊藤鉄也)
「点字つきさわる絵本」のいままでとこれから(千葉美香)

[論考]
触図活用のABC―アーティスト、視覚障害者、学芸員の協働―(真下弥生)
触図活用の新展開?! (岡本裕子)
美術館における協働の試み―「さわるコレクション」制作の現場から―(松山沙樹)

[コラム]
日本展示資料の新たな活用―「Dr. みんぱこ」の開発―(日髙真吾)

■第7章 ユニバーサル・ミュージアムの未来
[論考]
「さわる展示」の意義と苦悩―南山大学人類学博物館の実践から―(黒澤浩)
未就学児と向き合うこと―さらなるユニバーサル・ミュージアムの展開を目指して―(鈴木康二)
盲学校と美術館の連携(藤島美菜)
ユニバーサル・ミュージアムで信頼できる社会へ(堀江典子)
ユニバーサル・ミュージアム研究会は何を目指すのか(原礼子)

[コラム]
博物館から社会を変える―公開シンポジウムの成果―(広瀬浩二郎)
結語ならぬ決語 世界をつなぐユニバーサル・ミュージアム―“触”の大博覧会から2025年大阪・関西万博へ―(広瀬浩二郎)

ユニバーサル・ミュージアム研究会のあゆみ
出展作品・資料リスト
出展・執筆者プロフィール

著者プロフィール

広瀬 浩二郎  (ヒロセ コウジロウ)  (編者

自称「座頭市流フィールドワーカー」。
1967年、東京都生まれ。13歳の時に失明。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。01年より国立民族学博物館に勤務。
現在はグローバル現象研究部・准教授。「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、“さわる”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。
『目に見えない世界を歩く』『さわって楽しむ博物館』『それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!』(編著)『知のスイッチ』(共編著)など、著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。