版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新版 星野道夫 悠久の時を旅する 星野道夫(著/文 | 写真) - クレヴィス
..

新版 星野道夫 悠久の時を旅する

発行:クレヴィス
B5判
縦257mm 横184mm
248ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784909532435
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月25日
書店発売日
登録日
2020年9月1日
最終更新日
2020年9月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-10-24 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

一枚の写真に導かれたアラスカとの出会いから急逝まで24年、
極北の自然に魅せられた写真家の旅を一冊に。
代表作と寄稿文3編を加え、装いを新たに生まれ変わる決定版!!

大切なことは、出発することだった。―星野道夫

少年のころから北の自然に憧れ、極北の大地アラスカに生きた星野道夫。取材中に事故で亡くなり、20年以上を経た現在においても、心打つ大自然や動物の写真と美しい文章で、多くのファンを魅了しています。
 北極圏の大自然、そこに息づく野生動物や人々、そして語り継がれた神話……。星野は多くの「出会い」を通じて思索を深め、写真家として成長していきました。
 本書では、20歳のときに初めて足を踏み入れたアラスカの村の記録から、亡くなる直前まで撮影していたロシアのカムチャツカ半島での写真までを一望します。みずからのアラスカでの体験をもとに自然と人の関わりや生命の意味を問い続けたエッセイ32編をあわせて収載し、「写文集」の形に編集しています。
 「人間が足を踏みいれたことがないと畏敬の念をもって見おろしていた原野は、じつはたくさんの人々が通り過ぎ、さまざまな物語に満ちていた」
 「自然と人の関わり」を追い続けた星野の旅に思いを馳せていただければ幸いです。
本書は2012年に刊行の同名写真集から8年の歳月を経て、あらたに代表作と寄稿文3編を加え、装いを新たに新版として刊行するものです。

目次

プロローグ:1973年、シシュマレフへ-アラスカとの出会い
第1章:生命の不思議-極北の動物たちとの出会い
第2章:アラスカに生きる-人々との出会い
第3章:季節の色-自然との出会い
第4章:森の声を聴く-神話との出会い
第5章:新しい旅-自然と人との関わりを求めて

著者プロフィール

星野道夫  (ホシノミチオ)  (著/文 | 写真

1952年、千葉県市川市生まれ。19歳のときに目にしたエスキモーの村の空撮写真に惹かれ、村長宛に手紙を書く。20歳の夏休みにアラスカに約3カ月滞在。帰国後、写真家になる決意をし、慶應義塾大学卒業後、動物写真家・田中光常氏の助手を2年間務める。1978年、アラスカ大学野生動物管理学部に入学。以後、アラスカの自然と人々をテーマに写真と文章で記録し発表。1996年8月、カムチャツカ半島で取材中にヒグマに襲われて急逝。アニマ賞・木村伊兵衛写真賞受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。