版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
坊さん、ぼーっとする。 白川 密成(著/文) - ミシマ社
.

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり

発行:ミシマ社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-909394-33-0
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年2月
書店発売日
登録日
2020年2月10日
最終更新日
2020年3月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-04-05 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 辻山良雄(本屋「Title」店主)
2020-03-22 読売新聞  朝刊
評者: 南沢奈央(女優)

紹介

今、必要なのは、情報でも評価でも判断でもなく、
期待せずに、平気で待つ勇気。

『ボクは坊さん。』(2015年映画化)から10年――
秘伝『理趣経』をひもときながら綴る、進化するポップな坊さんの現在地。

「人生ってなんだと思う?」
小学校二年生の長女にたずねてみた。
「人生は思いだよ」
こともなげに娘は少し哲学的に響く言葉で即答した。
「ふーん、そうか。人生は思いか……」
しばらく沈黙の中で、思索しながら僕は言葉を失う。
そして娘は静かにそばに寄り添い、
「お父さんの体はあたたかいね」
と新しい言葉を発する。
――本文より

目次

はじめに
Ⅰ 坊さんと、娘たち
Ⅱ 坊さん、何もしない
Ⅲ 坊さんは光る
Ⅳ 坊さんにできること
Ⅴ 坊さん、今を生きる
おわりに

著者プロフィール

白川 密成  (シラカワ ミッセイ)  (著/文

1977年愛媛県生まれ。栄福寺住職。高校を卒業後、高野山大学密教学科に入学。大学卒業後、地元の書店で社員として働くが、2001年、先代住職の遷化をうけて、24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任する。同年、『ほぼ日刊イトイ新聞』において、「坊さん。――57番札所24歳住職7転8起の日々。」の連載を開始し2008年まで231回の文章を寄稿。2010年、『ボクは坊さん。』(ミシマ社)を出版。2015年10月映画化。他の著書に『坊さん、父になる。』(ミシマ社)、『空海さんに聞いてみよう。』(徳間文庫カレッジ)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。