版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
偏見や差別はなぜ起こる? 北村 英哉(編) - ちとせプレス
.

偏見や差別はなぜ起こる? 心理メカニズムの解明と現象の分析

四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
重さ 294g
304ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-908736-10-0
Cコード
C1011
教養 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年7月
書店発売日
登録日
2018年5月29日
最終更新日
2018年7月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-10-07 毎日新聞  朝刊
評者: 大竹文雄(大阪大学教授・労働経済学)

紹介

偏見や差別はなぜ起こるのでしょうか。人間社会の必然なのでしょうか,それとも解決可能な問題なのでしょうか。第Ⅰ部では、偏見・差別してしまう人の心理メカニズムを心理学研究の知見から解説します。第Ⅱ部では、人種・民族、移民、障害、ジェンダー、セクシュアリティ、リスク・原発、高齢者、犯罪といった集団や社会的カテゴリーを取り上げ、現代の偏見や差別の実態を分析します。偏見や差別の問題に、心理学はどのように迫り、解決への道筋を示すことができるのか。第一線の研究者が解説した決定版です。

目次

第1部 偏見・差別の仕組み――心理学の理論と研究から読み解く
 第1章 ステレオタイプと社会的アイデンティティ
 第2章 公正とシステム正当化
 第3章 偏見・差別をめぐる政治性――象徴的偏見とイデオロギー
 第4章 集団間情動とその淵源
 第5章 偏見の低減と解消
第2部 偏見・差別の実態と解析――さまざまな集団・社会的カテゴリーに関する偏見と差別
 第6章 人種・民族
 第7章 移民
 第8章 障害
 第9章 ジェンダー
 第10章 セクシュアリティ
 第11章 リスク・原発
 第12章 高齢者
 第13章 犯罪

版元から一言

偏見や差別はなぜ起こるのでしょうか。人間社会の必然なのでしょうか,それとも解決可能な問題なのでしょうか。第Ⅰ部では、偏見・差別してしまう人の心理メカニズムを心理学研究の知見から解説します。第Ⅱ部では、人種・民族、移民、障害、ジェンダー、セクシュアリティ、リスク・原発、高齢者、犯罪といった集団や社会的カテゴリーを取り上げ、現代の偏見や差別の実態を分析します。偏見や差別の問題に、心理学はどのように迫り、解決への道筋を示すことができるのか。第一線の研究者が解説した決定版です。

著者プロフィール

北村 英哉  (キタムラ ヒデヤ)  (

東洋大学教授。

唐沢 穣  (カラサワ ミノル)  (

名古屋大学教授。

上記内容は本書刊行時のものです。