版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アウシュヴィッツの手紙 内藤 陽介(著) - えにし書房
.

アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版

発行:えにし書房
A5判
296ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-908073-71-7
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年11月25日
書店発売日
登録日
2019年10月15日
最終更新日
2019年11月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アウシュヴィッツ強制収容所の実態に郵便学の手法でアプローチした独創的研究!新資料、新事実を大幅増補!
知られざる都市の歴史と収容所の実態を明らかにする。

目次

Ⅰ “アウシュヴィッツ” 以前
シロンスクの小邦/ハプスブルク帝国の国境/オシフィェンチムとユダヤ人/第一次大戦中の検閲印/ハプスブルク帝国の崩壊とポーランドの独立

Ⅱ 強制収容所
オシフィェンチム占領/強制収容所のルーツ/ダッハウ・モデル/ユダヤ系ポーランド人/ジャボチンスキーの『避難計画』/水晶の夜/ユダヤ難民を拒否した欧米諸国/アウシュヴィッツ強制収容所の創設/アウシュヴィッツ第1 収容所/アウシュヴィッツ第2 収容所(ビルケナウ)/アウシュヴィッツ第3収容所(モノヴィッツ)/アウシュヴィッツ収容所の終焉

Ⅲ アウシュヴィッツの手紙
“アウシュヴィッツ”は、いつ、郵便に登場したのか/アウシュヴィッツの住民と郵便/ポーランド人捕虜とアウシュヴィッツ/封筒と便箋が別々に支給された初期の郵便/収容所のクリスマス/便箋+封筒から葉書へ/サブ・キャンプで使われた葉書/女性収容所からの葉書/ ベーメン・メーレン保護領宛のレターシート/タイプ1のレターシートを読む/RSHA郵便工作/タイプ2のレターシートを読む/収容所末期には二つ折りのレターカードを使用/収容者宛の手紙/収容者に届かなかった手紙/軍事郵便/ユーゴスラヴィア宛の郵便/コーレンクラウのイラストが入った葉書

Ⅳ モノヴィッツとIGファルベンの郵便
第三収容所開設当初の郵便/アウシュヴィッツ3局からの収容者の発信/フランス人労働者の郵便/イタリア人収容者の発信/IGファルベン関係者の通信/軍事郵便

Ⅴ アウシュヴィッツの戦後史
ベルゲン・ベルゼンからアウシュヴィッツへ/ドイツ人収容所になったアウシュヴィッツ/ソ連によるポーランド国家の再建/戦後ポーランドのポグロムとヘス裁判/ゴムウカ政権下のアウシュヴィッツ切手/アウシュヴィッツの聖者/ピレツキの名誉回復

版元から一言

郵便学者による戦争関連書、第2弾。読みやすいですが、琴線に触れる箇所は多いです。

著者プロフィール

内藤 陽介  (ナイトウ ヨウスケ)  (

1967 年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文藝家協会会員。
切手などの郵便資料から、国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、活発な研究・著作活動を続けている。
【主な著書】『解説・戦後記念切手』(日本郵趣出版、全7 巻+別冊1)
<切手紀行>シリーズ(彩流社、現在第6 巻まで刊行。最新作⑥『蘭印戦跡紀行』)、
『北朝鮮事典』(竹内書店新社)、『外国切手に描かれた日本』(光文社新書)、『切手と戦争』(新潮新書)、『反米の世界史』(講談社現代新書)、『皇室切手』(平凡社)、『これが戦争だ!』(ちくま新書)、『満洲切手』(角川選書)、『香港歴史漫郵記』( 大修館書店)、『韓国現代史』(福村出版)、『大統領になりそこなった男たち』(中公新書ラクレ)、『切手が伝える仏像』(彩流社)、『事情のある国の切手ほど面白い』(メディアファクトリー新書)、『切手百撰 昭和戦後』(平凡社)、『年賀状の戦後史』(角川one テーマ21)、『マリ近現代史』(彩流社)、『朝鮮戦争ーポスタルメディアから読み解く現代コリア史の原点』(えにし書房)、『チェ・ゲバラとキューバ革命』(えにし書房)『日の本切手 美女かるた』(日本郵趣出版)、『英国郵便史 ペニー・ブラック物語』(日本郵趣出版)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。