版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
干支一運60年の天皇紀 林 順治(著) - えにし書房
.

干支一運60年の天皇紀 藤原不比等の歴史改作システムを解く

発行:えにし書房
A5判
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-908073-51-9
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年4月
書店発売日
登録日
2018年3月15日
最終更新日
2018年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

万世一系神話の創作の仕組を解明する!  
――いま仮に、旧王朝の編年体の史書が発見されたものと仮定する。この史書をバラバラにほぐし、多くの“ 天皇紀” に記事を分散配置して新王朝の“ 万世一系の歴史” を作ろうとする場合、その“ 天皇紀” がいずれも60通りの干支を包含した干支一運の天皇紀であれば、旧王朝の史書のどの年度の記事であろうと、希望の天皇紀に該当する干支のところに放り込める。干支一運の天皇紀は“ 歴史改作のシステム” なのである。(本書より)

初代神武から第44 代持統まで44 代(43人)の天皇と、『続日本紀』の文武・元明・元正3 代(3 人)の天皇を加えた47 代(46人)の干支表古代歴代天皇干支表付

目次

第1章 干支一運60年の天皇紀
第2章 崇神+垂仁と倭の五王「讃・珍・済・興・武」
第3章 七支刀銘文の倭王「旨」とはだれか
第4章 高句麗好太王碑文の「倭」
第5章 隅田八幡鏡銘文の「日十大王」はだれか
第6章 百済武寧王と継体天皇の出自
第7章 稲荷山鉄剣銘文のワカタケル大王
第8章 船氏王後墓誌と百済人
付 録 古代歴代天皇干支表

版元から一言

日本書紀の編纂過程を含めた“歴史改作のシステム”を理解すれば、目からウロコ請け合いです。

著者プロフィール

林 順治  (ハヤシ ジュンジ)  (

1940年東京生まれ。東京空襲の1年前の1944年、父母の郷里秋田県横手市雄物川町深井(旧平鹿郡福地村深井)に移住。県立横手高校から早稲田大学露文科に進学するも中退。1972年三一書房に入社。取締役編集部長を経て2006年3月退社。
著書に『馬子の墓』『義経紀行』『漱石の時代』『ヒロシマ』『アマテラス誕生』『武蔵坊弁慶』『隅田八幡鏡』『天皇象徴の日本と〈私〉1940-2009』『八幡神の正体』『古代七つの金石文』『法隆寺の正体』『ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか』『「猫」と「坊っちゃん」と漱石の言葉』(彩流社)。『応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった』『仁徳陵の被葬者は継体天皇だ』(河出書房新社)、『日本人の正体』(三五館)、『漱石の秘密』『あっぱれ啄木』(論創社)、『日本古代史集中講義』、『「日本書紀」集中講義』(えにし書房)。

上記内容は本書刊行時のものです。