版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ハバナ零年 カルラ・スアレス(著) - 共和国
.
世界浪曼派

ハバナ零年
原書: Habana año cero

発行:共和国
菊変型判
縦188mm 横150mm 厚さ18mm
重さ 300g
280ページ
並製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-907986-53-7
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年2月20日
書店発売日
登録日
2019年1月31日
最終更新日
2019年3月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

カルベ・ド・ラ・カリブ賞、フランス語圏島嶼文学賞/2012年

書評掲載情報

2019-10-09 本の雑誌  2019年11月号
評者: 円城塔
2019-08-17 週刊朝日  2019年8月30日号
評者: 青山南
2019-08-10 本の雑誌  2019年9月号
評者: 青山南
2019-07-13 図書新聞  2019年7月20日号
評者: 崎山政毅
2019-07-13 図書新聞  2019年7月20日号
評者: 小倉英敬
2019-06-21 週刊金曜日  1237号
評者: 伊高浩昭(ジャーナリスト)
2019-06-20 月刊ラティーナ  2019年7月号
評者: 伊高浩昭(ジャーナリスト)
2019-06-13 NHKテキスト まいにちスペイン語  2019年7月号
評者: 柳原孝敦
2019-05-11 図書新聞  2019年5月18日号
評者: 越川芳明(明治大学教授/アメリカ文学)
2019-05-10 週刊読書人  2019年5月11日号
評者: 旦敬介(ラテンアメリカ文学)
2019-04-25 東京新聞/中日新聞  夕刊  2019年4月25日付
評者: (大波小波)
2019-04-21 読売新聞  朝刊
評者: 岸本佐知子(翻訳家)
2019-04-13 本の雑誌  2019年5月号
評者: 林さかな
2019-04-05 ダ・ヴィンチ  2019年5月号
評者: 山崎まどか
2019-03-20 週刊新潮  3月28日号
評者: 佐久間文子(文芸ジャーナリスト)

紹介

カオス理論とフラクタルを用いて、電話がキューバで発明された事実を証明せよ!?

1993年、深刻な経済危機下のキューバ。数学教師のジュリアは、世界で最初の電話がハバナで発明されたことを証明する、イタリア人発明家アントニオ・メウッチの重要な自筆文書の存在を知る。その文書をめぐって、作家、ジャーナリスト、そして元恋人までが虚々実々の駆け引きと恋を展開するが……。
キューバ出身の新鋭作家が、数学とミステリーの要素を巧みに織り込んで挑んだ代表作。
[2012年カルベ・ド・ラ・カリブ賞受賞作]

目次

ハバナ零年
 
 訳者あとがき

前書きなど

「すべては1993年、キューバのゼロ年のことだった。ハバナは自転車で満ち溢れ、食糧貯蔵室は空っぽで、いつ終わるともしれない停電があった。何もなかった。移動手段ゼロ。肉ゼロ。希望ゼロ。わたしは30歳、数え切れない問題を抱えていて、だから巻き込まれていった。最初は露知らなかったのだけれど、でも一部の人にとって、ことはそれよりずっと前の1989年4月、『グランマ』紙に「電話はキューバで発明された」という記事が載り、イタリア人のアントニオ・メウッチの名前が出たときにはじまっていた。
〔……〕電話が、それがほとんど通じないハバナで生まれたなんて。まるで電灯やパラボラアンテナやインターネットがこの町で発明されたみたい。科学といい、めぐり合わせといい、皮肉なものね。ひどいものよ、メウッチだって、ベルの発明よりも早かったことを誰も証明できないために、死んで1世紀が過ぎてもまだ忘れられたまま――」(第1章より)

版元から一言

海外文学ファン・愛読者のみなさんに、素敵な新しい作家をご紹介します。

本書は、これが日本では初紹介となるハバナ出身の作家、カルラ・スアレスの代表作です。2012年に原書が発表されるやいなや「カルベ・ド・ラ・カリブ文学賞」「フランス語圏島嶼文学賞」をつぎつぎと受賞し、新しいカリブ文学の旗手としてヨーロッパを中心に多くの読者を獲得しています。
経済恐慌下の、モノも何もないハバナの街を生きる女性の本音と、数学や史実を駆使したミステリータッチの文体がとても魅力的なので、日本でも多くの読者を獲得してほしいと願っています。

世界各国の長篇小説を中心に紹介する小社のシリーズ《世界浪曼派》第3弾です。

著者プロフィール

カルラ・スアレス  (カルラ スアレス)  (

1969年、ハバナに生まれる。ハバナ工科大学卒業。小説家、電子工学者。
1998年以降、ローマ、パリと移り住み、現在リスボン在住。
長篇小説に、『沈黙』(1995、レングア・デ・トラポ賞受賞)、『旅する女』(2005)、『英雄の息子』(2016)がある(以上、未邦訳)。
本邦初訳となる本書『ハバナ零年』(2012)で、カルベ・ド・ラ・カリブ文学賞およびフランス語圏島嶼文学賞を受賞。

久野 量一  (クノ リョウイチ)  (

1967年、東京に生まれる。
東京外国語大学地域文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在は、東京外国語大学准教授。専攻は、ラテンアメリカ文学。
著書に、『島の「重さ」をめぐって――キューバの文学を読む』(松籟社、2018)、
訳書に、フアン・ガブリエル・バスケス『コスタグアナ秘史』(水声社、2016)、ロベルト・ボラーニョ『鼻持ちならないガウチョ』(白水社、2014)、同『2666』(共訳、白水社、2012)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。