版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
離島の本屋ふたたび 朴 順梨(著/文) - ころから
.

離島の本屋ふたたび 大きな島と小さな島で本屋の灯りをともす人たち

発行:ころから
A5変型判
縦198mm 横148mm 厚さ14mm
128ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-907239-47-3
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年5月8日
最終更新日
2020年11月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-01-17 読売新聞  朝刊
評者: 稲野和利(ふるさと財団理事長)
2020-11-22 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

22の島を訪ねた話題作『離島の本屋』から7年。「ふたたび」の旅がはじまる。
消えかけた本屋の灯りを再びともした島民、島のつらい歴史を伝える本を売り続ける心意気、そして閉じる決断をした本屋たちとの出会いを描く。

著者プロフィール

朴 順梨  (ボク ジュンリ)  (著/文

1972年群馬県生まれ。フリーライター。早稲田大学卒業後、テレビ番組制作会社、雑誌編集者を経てフリーランスに。おもな著書に『離島の本屋』『太陽のひと』(いずれもころから)、『奥さまは愛国』(河出文庫、共著)がある。

関連リンク

https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907239039

上記内容は本書刊行時のものです。