版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ココロノトモ 小松 悟(著) - ころから
.

ココロノトモ Rolling Ball, Rolling Life

発行:ころから
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ15mm
192ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-907239-38-1
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年11月
書店発売日
登録日
2018年10月31日
最終更新日
2018年11月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

故郷のJリーグクラブ「ヴァンフォーレ甲府」の魅力にとりつかれ、ギョーカイ人の人生は転がりだすーー
ドイツ、ボスニア、インドネシアへ、サッカーに導かれ彷徨する魂とその再生を描く、極私的ルポ!

目次

序章 転がるボール、転がる人生
第1節 ファーストコンタクト
第2節 ボスニアの「マンマミーア」
第3節 インドネシアが呼んでいる
第4節 イルファン・ユニ、凱旋
第5節 ”プロフェッショナル”モッシ&”クレイジー”キコ
第6節 アフガンとカンフーマスター
第7節 アレマニアとアレマニタ
第8節 シンゴ・エダン=狂ったライオン
第9節 いざ、決戦の地へ
第10節 サッカーがもたらす不思議な縁
第11節 絶対的エースとその妻
第12節 82万人の期待と重圧
第13節 アフターゲーム

アディショナルタイム 拝啓、佐野悟さま

前書きなど

マランの街中から、20分ほど走ったであろうか。
インドネシアの田園風景が広がる細く長い一本道に差し掛かった時である。僕たち一団を先導するパトカーが、荒々しくクラクションを鳴らすと、車道を埋めつくした幾千もの青い群れが、モーゼの十戒の如く、きれいに開いていくのだった。
直後、歩道側に寄った彼ら彼女らは、「今日は頼んだぜ!」とばかりに、クラクションを、ガンガンに鳴らし返すのだ。
スタジアムへ向かう道中での、チームとサポーターの、クラクションによるコール&レスポンス…。僕は、そんな光景に、胸を打たれてしまった。
そして、改めて強烈に思い知らされたのだった。〝選手は、チームは、誰のために、何のために戦わなければならないか?〞ということを。
さぁ、今日は大一番だ! みんなで一丸となって、勝利を掴みとろうぜ!
山梨からやって来たこの僕も、インドネシアのマランという街で、戦闘モードに入るのだった……。

著者プロフィール

小松 悟  (コマツ サトル)  (

1976年、山梨県出身。青学大卒。
CM制作会社を経て、2007年にヴァンフォーレ甲府を盛り上げたいという想いから帰郷。ボランティアとして関わり、現在はスタジアム映像の制作や試合運営などを担当する。著書に『ヴァンフォーレ甲府あるある』(ティー・オーエンタテインメント)。

上記内容は本書刊行時のものです。