版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
奴らを通すな! 山口 祐二郎(著) - ころから
.

奴らを通すな! ヘイトスピーチへのクロスカウンター

発行:ころから
B6判
160ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-907239-04-6
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年11月
書店発売日
登録日
2013年10月5日
最終更新日
2013年10月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「良い韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」といった言葉が飛び交うレイシストたちのデモに敢然と立ちはだかった「カウンター」グループには、思想的には左翼やリベラル層だけでなく右翼も含んでいた。
その一人、山口祐二郎が「かつての仲間」への憤りとともに、レイシズム行動を見て見ぬふりをしてきた自分への怒りを真摯に書きあげた。
2013年の日本で、何があったかを伝える一冊だ。

前書きなど

 これは、俺が反差別運動を「やらなかった」記録と、そして「やってきた」記録だ。
 二〇〇七年、その後に「ネット右翼」と呼ばれ、一万五千人もの会員を誇るようになる在特会(在日特権を許さない市民の会)が生まれた。
 同じ年、俺は“反米・自主独立”を掲げる新右翼団体「統一戦線義勇軍」で活動を始めた。
 北関東の小さな町でケンカ上等な時代を過ごし、無理矢理入れられた大学を抜け出してホストになったりした末のことだった。
 既存団体での新右翼行動は思っていたものとはまるで違った。
 街宣行動といっても、街をゆく人は誰ひとり聞いてもいない。素晴らしい先輩たちから多くのことを学んだけれど、学べば学ぶほど直接行動をしなければと焦った。
 そんな悶々とした日々に終止符を打つため、防衛省の正門から火炎瓶を投げ込み、短刀をもって敷地内に乱入した。これも二〇〇七年のことだ。
 あっけなく逮捕された俺は、三島由紀夫になれず、そして見沢知廉にもなれなかった(このヘンの経緯は前著『ハイリスク・ノーリターン』に詳しい)。
 四カ月後に東京拘置所を出てきたら、仲間だった奴が、一人二人と抜けて、在特会とともに活動を始めていた――。

著者プロフィール

山口 祐二郎  (ヤマグチ ユウジロウ)  (

1985年、群馬県生まれ。歌舞伎町ホストなどを経て、新右翼「統一戦線義勇軍」幹部に。2007年に防衛省襲撃事件を起こし、2012年に脱退。現在は、作家・活動家として活躍。著書に『ハイリスク・ノーリターン』(第三書館)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。