版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
I LOVE TRAIN 米屋 こうじ(著) - ころから
.
詳細画像 0 詳細画像 1

I LOVE TRAIN アジア・レイル・ライフ

発行:ころから
縦207mm 横232mm 厚さ13mm
88ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-907239-01-5
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年3月
書店発売日
登録日
2013年2月20日
最終更新日
2013年3月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-03-17 日本経済新聞

紹介

1994年から20年かけてアジア11カ国の鉄道のある風景を撮りためた鉄道写真家による「アジ鉄」写真集の決定版。35ミリのポジフィルムで撮影されたアジアの人と景色が、初めて見るのに懐かしくも感じます。
【収録作品の撮影国・地域】インド、バングラデシュ、ミャンマー(ビルマ)、タイ、マレーシア、インドネシア、カンボジア、ベトナム、中国、韓国、台湾

前書きなど

大雪の朝、住民の通り道になっている公園が一面の雪原となった。
お昼頃、公園を通りかかると、雪原に一本の道が出来ていた。
その「雪の一本道」へ、中学生くらいの少年が入っていった。
すると、その向こう側からは一人の女性がやってきた。
二人が公園の真ん中で出会う直前、少年は雪原に踏み出して女性に道を譲った。
女性は深々と頭を下げて、少年の横を通り過ぎた。
雪という障害物が、他人への思いやりを授けたのだろうか…。

アジアの鉄道は「雪の一本道」のようだった。
日本や欧州の快適で便利な鉄道と比較すると、整備が遅れ、時に不便で不快な思いを受けることもある。
しかし、その「遅れ」や「不便」といった障害物が、人々の交流を生み出している場面に何度も出くわした。
そして鉄道は社会の鏡のようでもあった。

やがて雪は溶けるだろう。
でも、雪の一本道を忘れずに歩みたい。

米屋こうじ

著者プロフィール

米屋 こうじ  (ヨネヤ コウジ)  (

1968年山形県生まれ。東京工芸大学短期大学部卒。写真家・安達洋次郎氏、真島満秀氏の助手を経て、1993年よりフリーランスの鉄道写真家に。1994年からアジア各国の鉄道を訪ねる旅に出かける。著書に『ニッポン鉄道遺産を旅する』(交通新聞社、共著)、『木造駅舎の旅』(INFASパブリケーションズ)など。日本写真家協会(JPS)会員。

上記内容は本書刊行時のものです。