版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
シンガポール戦跡ガイド 小西 誠(著/文) - 社会批評社
.

シンガポール戦跡ガイド 「昭南島」を知っていますか?

発行:社会批評社
四六判
194ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-907127-08-4
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年6月
書店発売日
登録日
2014年6月3日
最終更新日
2014年6月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

280枚の写真とエッセイで描く「戦争の傷痕」!
大検証(粛清)下で、約5万人が殺害された日本軍占領下のシンガポール。その戦争と占領の傷痕を訪ねる。―アジア・太平洋戦争のもう一つの戦場、マレー・シンガポール、そこには今も、日本軍とイギリス軍・民衆との激しい戦争の跡が残る。戦争の足音が近づく中、今、改めて戦争を問うシリーズ。

目次

はじめに 2
 ■シンガポールの戦跡の歩き方 9 
 ■地図 シンガポールの主要な戦跡地点 10
 
 第1章 市街地中心部の戦争の傷痕を歩く 11
      ―――「昭南島」と呼ばれた時代を知っていますか?
    ●都市国家シンガポール――その歴史と現在 12
    ●英軍司令部バトル・ボックス 16
    ●抗日の英雄・林謀盛記念碑 21
    ●復活したインド国民軍記念碑 22
    ●第1次・第2次大戦の戦死者を記念するセノタフ 23
    ●憲兵隊東支部記念碑と日本軍宣伝工作本部記念碑 24
    ●占領と大検証を伝える国立博物館・口述歴史センター 27
    ●日本軍が降伏文書を受理したシティ・ホール 28
    ●日本軍戦犯裁判が開かれたヴィクトリア・メモリアル・ホール 29
    ●戦争記念公園に聳え立つ日本占領時期死難人民記念碑 30
    ●チャイナタウンの大検証(粛正)検問所記念碑 34
    ■地図 シンガポール市街地の主な戦跡 36
 
 第2章 ジョホール・バル―シンガポール上陸戦の戦跡 37
    ●シンガポール上陸の攻撃拠点・ジョホール・バル 38
    ●サリンブン海岸上陸記念碑 42
    ●クランジ海岸の戦いの記念碑 45
    ●英軍の航空拠点テンガー・センバワン基地 47

 第3章 激戦地ブキ・ティマに残る兵どもが夢の跡 49
    ●シンガポールの最も髙い山・ブキ・ティマ攻防戦の記念碑 50
    ●激戦地に残されたトーチカ――サイムロード・ピルボックス 53
    ●住宅街にひっそり佇むチャンセリー・レーンのトーチカ 56
    ●「昭南神社」が建てられていたブキ・バト記念碑 58
    ●英軍降伏の地・旧フォード工場記念館 60

 第4章 日英軍の最後の激戦地パシル・パンジャン 65
    ●もう一つの激戦地、パシル・パンジャンの巨大トーチカ 66
    ●ブキ・チャンドゥ回想館 70
    ●日本軍を悩ませた堅固な要塞・ラブラドル砲台 73
    ●アレクサンドラ病院記念碑 84

 第5章 無用の砦になってしまったセントーサ砲台 85
    ●シンガポール最大の要塞・シロソ砦 86
    ●砦の上で迎える巨大砲3門 90
    ●砲撃指揮塔と戦闘シーン 94
    ●日本軍艦艇を撃沈した6インチ砲 98
    ●展示室「シロソ砦の歴史の足跡」 102
    ●占領の間の展示 105
    ●「降伏の間」・将軍たちの蝋人形 106
    ●シロソ砦の地下トンネルと各種砲 110
    ●セントーサ島のビーチに佇むトーチカ 116

 第6章 英軍最後の航空基地となったカラン・エアポート 123
    ●民間空港だったカラン飛行場 124
    ●空軍力を強化するシンガポール軍 130

 第7章 捕虜たちが収容された英軍の要塞・チャンギ 133
    ●日本軍を悩ませたもう一つの要塞・チャンギ砲台群 134
    ●英軍の捕虜たちが収容されたチャンギ博物館 136
    ●美しい海岸の墓標――チャンギ・ビーチ記念碑 139

 第8章 戦争で斃れた兵士たちの眠る記念碑 143
    ●英軍のクランジ戦争共同墓地1939―1945 144
    ●処刑された日本軍将兵たちを埋葬する日本人墓地公園 148
    ●からゆきさんたちの小さな墓標 152

 第9章 解説 日本軍のマレー・シンガポール侵攻と占領 155
    ●アジア・太平洋戦争の開戦 156
    ●日本軍のマレー半島上陸作戦 158
    ●日本軍の奇襲成功と英軍の作戦 162
    ●英東方艦隊の壊滅と日本軍の制海権・制空権確保 164
    ●ジットラ攻防戦と銀輪部隊 166
    ●英軍のシンガポール防御態勢 170
    ●日本軍のシンガポール攻撃態勢 173
    ●英軍の降伏の結果 178
    ●シンガポール占領と軍政 180
    ●華人大検証(大虐殺)とは? 183
    ●シンガポール軍事法廷での処刑 192

前書きなど

 ここ数年、いや十数年と言ってもいいが、韓国・中国政府と日本政府との間には、アジア・太平洋戦争についての歴史認識をめぐって鋭い対立が続いている。この対立は、「靖国参拝」などの問題だけでなく、日本政府が「従軍慰安婦」や強制連行などの被害者への戦後補償について、完全に放置した結果、繰り返し生じているものだ。
 この韓中との間の歴史認識の対立については、厳しい外交問題になっているので日常的に報道されているが、シンガポールとのそれや戦後補償については、日本での報道はまったくないに等しい。
 しかし、本書で述べるように、アジア・太平洋戦争下において日本軍の侵攻・占領下に置かれ、南京大虐殺に匹敵する住民虐殺(大検証・粛清)に遭ったシンガポールでは、この日本政府との「歴史認識問題」も厳として存在している。
 シンガポール政府は、戦後50年にあたる1995年、国内の11カ所に、日本軍の戦争と占領の記念碑を構築、あるいは、この戦争の傷跡を残すために、戦跡を同国の文化遺産として登録している。そしていま、この戦跡の保存が一段と進められている。
 こういう状況の中で不幸なのは、毎年100万人に近い日本の青年たちがシンガポールを訪れ、また、シンガポール在住の日本人も、およそ2万6千人を超えるほどの経済的繋がりがありながら、この国を訪れる(あるいは在住の)日本人たちが、かつて日本軍がこのシンガポールで何を行ったかをまったく知らないことだ。これでは、本当の意味での経済的・文化的交流が存在しないばかりか、真の友人にはなれないだろう。
 本書は、このシンガポールに残されているアジア・太平洋戦争の戦跡について、同国の戦争記念碑を参考にしながら、筆者の調査・認識をも加えて整理・紹介したものである。
 今までにも、シンガポールの戦跡については、いくつかのすぐれた書籍が刊行されている。しかし、同国での戦争記念碑は、たえず再発掘・再発見されるばかりか、現在もなお政府によって新しく建てられつつある。戦争の記憶を更新し、その礎の上に強固な平和を構築するという決意を感じる。
 ところで、現在の日本では、戦後69年という長い歳月が経つにつれ、体験として戦争を知る世代が次第に失われつつある。それに伴って、戦争を賛美する「戦争を知らない政治家たち」が、国会を中心に増殖しつつある。 
 こういう時代状況の中で、シンガポールに残る数多くの戦跡―戦争の傷痕を訪ねることは、若い人々にとって貴重な体験となると思う。ぜひ、一度訪れていただきたい。
                              2014年6月1日
                                         筆者

版元から一言

『サイパン&テニアン戦跡完全ガイド』『グアム戦跡完全ガイド』『本土決戦 戦跡ガイド(part1)―写真で見る戦争の真実』に続く、小社の戦跡ガイドシリーズ。戦争の足音が近づく中、今、改めて戦争を問うシリーズです。

著者プロフィール

小西 誠  (コニシ マコト)  (著/文

1949年、宮崎県生まれ。
航空自衛隊生徒隊第10期生。軍事ジャーナリト。
著書に『自衛隊の対テロ作戦』『ネコでもわかる? 有事法制』『現代革命と軍隊』『自衛隊そのトランスフォーメーション』『日米安保再編と沖縄―最新沖縄・安保・自衛隊情報』『サイパン&テニアン戦跡完全ガイド―玉砕と自決の島を歩く』『グアム戦跡完全ガイド―観光案内にない戦争の傷跡』『本土決戦 戦跡ガイド(part1)―写真で見る戦争の真実』(以上、社会批評社)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。