版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アイ・ウェイウェイ主義 アイ・ウェイウェイ(著/文) - ブックエンド
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販
直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784907083076

アイ・ウェイウェイ主義

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
上製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-907083-07-6   COPY
ISBN 13
9784907083076   COPY
ISBN 10h
4-907083-07-6   COPY
ISBN 10
4907083076   COPY
出版者記号
907083   COPY
Cコード
C0070  
0:一般 0:単行本 70:芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年11月
書店発売日
登録日
2013年10月18日
最終更新日
2013年11月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-03-02 産經新聞
評者: 新川貴詩(美術評論家)
MORE
LESS

紹介

森美術館での個展で46万人を集め、世界の美術館が展覧会を熱望する中国人アーティストによる初のメッセージ集。2008年北京五輪メインスタジアム「鳥の巣」の設計で一躍有名になるが、同年起きた四川大地震で手抜き工事による校舎崩壊の犠牲になった何千人もの子供の調査に着手し、人権運動を本格化する。以降、歯に衣着せぬ物言いで反政府的立場をとり、自宅軟禁や逮捕・拘留も経験。現在も監視下にあるが、ツイッターや欧米メディアを通じて、人権と表現の自由を求めて世界中にメッセージを送り続けている。

目次

アイ・ウェイウェイ主義

1章 表現の自由
2章 芸術と行動主義について
3章 政府、権力、善悪の見極めについて
4章 ディジタル化された世界について
5 章 歴史、歴史的瞬間、未来について
6章 詩的な随想

解説◎アイ・ウェイウェイ主義──意識の芸術 片岡真実
編者の言葉◎ラリー・ウォーシュ/ J・リチャード・アレン

翻訳:木下哲夫

前書きなど

本書は、個人の権利と表現の自由に関するアイ・ウェイウェイの考えを、二〇〇八年北京オリンピック、四川大地震、あるいは中国政府による八一日間にわたる身柄拘束などの出来事に際して語った本人の言葉から抽出したものである。新聞に掲載された論考、ツイッターへの投稿、メディアとのインタヴューから抜粋した発言を、表現の自由、芸術と行動主義、物事の善し悪しの判断法、ディジタル世界、歴史と未来の六つのテーマに分けて収録している。
 小さな判型からは想像もつかないほど、本書には読者の心を揺さぶり、導き、鼓舞する大きな力がある。言い回しはさりげなく口調は軽やか、ユーモアも忘れてはいないが、「アイ・ウェイウェイ主義」は今日の中国、ひいては世界にとって大切な問題の核心に鋭く斬りこむ刃にほかならない。──「編者の言葉」より

版元から一言

世界的アーティストにして人権運動家。アジアのきら星が放つロックな語録!

著者プロフィール

アイ・ウェイウェイ  (アイ・ウェイウェイ)  (著/文

現代美術家、人権運動家。1957年、中国現代詩壇を代表する詩人アイ・チンを父に北京で生まれる。生後すぐに父が下放され、一家で新疆ウイグル自治区に移住、16年を過ごす。1978年北京フォルムアカデミーに入学するが、すぐに渡米。ニューヨークを中心に滞在し、西洋の近現代美術と出会う。1993年に帰国し、出版や展覧会を企画、多数の建築プロジェクトを手がける。2007年の「ドクメンタ」展、および2008年の北京五輪メインスタジアム「鳥の巣」の設計で一躍国際的にその名を知られるが、五輪の祭典とは距離を置く。一方で、同年起こった四川大地震で、倒壊した校舎の下敷きになり亡くなった何千人もの子どもたちの調査に着手。以降、人権運動を本格化するに伴い、政府による直接的な介入が日常化する。2009年7月、森美術館で日本初の本格的な個展「何に因って?」が開始。46万人を動員する。2011年4月、北京空港で拘束され、81日間の拘留。現在も移動を制限されているが、ツイッターや欧米メディアを通じて活発な発言を続けている。

追記

話題の映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」11月30日、日本上映開始
http://www.aww-ayamaranai.com/

上記内容は本書刊行時のものです。