版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
港町食堂 南 英作(共著) - 九州人
.

港町食堂 旨い魚を食べに行く! 九州・山口編

発行:九州人
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ10mm
112ページ
並製
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-906586-36-3
Cコード
C0026
一般 単行本 旅行
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年3月
書店発売日
登録日
2014年1月27日
最終更新日
2018年3月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

平成22年4月刊行の『旨い魚を食べに行く! 九州の港町食堂』の改訂増補版。今回は山口エリアを加え、新たに取材・執筆した16店を含め計47店を紹介。漁師が営む豪快食堂やセリ人ら魚のプロたちも食べにくる市場食堂など、獲れたての旬魚を手頃な料金で提供する良心的な食堂が満載。「漁港の朝市」「冬のカキ小屋」といった、港町の魅力を掘り下げて伝える情報頁も併載。

目次

山口・福岡
浜ごはん 遊縁(萩市)
道の駅 萩しーまーと(萩市)
お食事処おおはま(下関市)
マリンレスト恵美寿(下関市)
市場食堂よし(下関市)
漁師食堂「うのしま豊築丸」(豊前市)
玄海 若潮丸(宗像市)
つやざき漁港食堂 空と海(福津市)
中西食堂(福岡市)
おきよ食堂(福岡市)
福魚食堂(福岡市)
民宿・いけす料理「朝日屋」(糸島市)
漁師直営「立石」(糸島市)
山口・福岡 漁港の朝市

佐賀・長崎
よしや食堂(唐津市)
海鮮料理「魚山人」(玄海町)
はたつ「ふれあい広場」(伊万里市)
漁師の館(太良町)
松浦魚市場「魚市食堂」(松浦市)
旬鮮館(平戸市)
漁師食堂 母々の手(平戸市)
大敷食堂(平戸市)
魚市場 もったいない食堂(佐世保市)
朝市食堂(長崎市)
水産食堂(長崎市)
漁人市場とっとっと(島原市)
佐賀・長崎 漁港の朝市

熊本・大分
宇土マリーナおこしき館「漁師食堂」(宇土市)
浜崎鮮魚 浜んくら(上天草市)
ガーデンプレイス潮まねき(上天草市)
天草海鮮蔵(天草市)
道の駅たのうら「たばくまん」(芦北町)
レストラン美浜(国東市)
海鮮会館「銀たちの郷」(国東市)
関の漁場(大分市)
海鮮丸(佐伯市)
天然海水風呂 塩湯(佐伯市)
レストハウス「海風館」(佐伯市)
レストラン「海鳴り亭」(佐伯市)
熊本・大分 漁港の朝市

宮崎・鹿児島
海遊物産館うみすずめ(門川町)
あさしお丸(川南町)
漁師の味「港あおしま」(宮崎市)
ドライブイン大海(日南市)
港の駅「めいつ」(日南市)
ドライブイン潮騒(阿久根市)
市場食堂「ぶえんかん」(阿久根市)
江口蓬莱館(日置市)
市場食堂(鹿児島市)
味処「桜勘」(垂水市)
宮崎・鹿児島 漁港の朝市

九州 冬の牡蠣小屋情報
旬魚カレンダー(九州北部)
旬魚カレンダー(九州南部)

前書きなど

 この本は、小社が平成22年4月に刊行した『旨い魚を食べに行く! 九州の港町食堂』の改訂増補版にあたります。今回は山口エリアを加え、新たに取材・執筆した16店を含め計47店を紹介しています。
 登場するお店は、漁師や漁協が直営している食堂(レストラン)、セリ人や仲買人といった魚のプロたちも出入りする市場食堂、新鮮な地魚を安価で提供している漁港そばの人気食堂などです。
 前回の本でも紹介した31店へは前回の掲載記事を郵送し、変更点などを確認・修正したうえで再掲載しています。あらたに取材した16店は、記者がそれぞれの店を実際に訪ね、人気メニューを実食したうえで執筆しています。取材した時期が秋から冬にかけてだったため、本文での紹介には多少の偏りはあるかもしれません。その点については、どうぞご海容ください。
 消費者の魚離れ、魚価の低迷、燃料費高騰などで漁業を取り巻く環境は厳しさを増しています。数十年前に比べると、魚を食べる機会は中高年でも確実に減っているでしょう。しかし、好漁場に恵まれている九州・山口エリアには、獲れたての旬魚を手頃な料金で提供する良心的な食堂がたくさんあります。旨い魚を食べたいのなら、まずはそんな「港町食堂」にぜひ足を運ばれてはと思います。
                       九州人 南 英作

著者プロフィール

南 英作  (ミナミ エイサク)  (共著

佐賀県唐津市出身。福岡市在住。講談社『VIEWS』専属記者を経て、現在は㈱九州人代表。長崎県、熊本県、福岡県東部、山口県北部の取材・執筆を担当。

清沢 英彦  (キヨサワ ヒデヒコ)  (共著

福岡県篠栗町在住。企画グループ『Bourbon Street』を主宰するコピーライター。佐賀県、福岡県中西部、山口県下関市の取材・執筆を担当。

呉藤 加代子  (ゴトウ カヨコ)  (共著

大分県大分市生まれ。大分市在住。編集プロダクション等を経て、現在はフリーランスのコピーライター。大分県と宮崎県一部の取材・執筆を担当。

神園 史郎  (カミソノ シロウ)  (共著

鹿児島県枕崎市出身。鹿児島市在住。フクニチ新聞、鹿児島新報各記者を経てフリーランスライターに。鹿児島県と宮崎県一部の取材・執筆を担当。

上記内容は本書刊行時のものです。