版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
吉本隆明の言葉と「望みなきとき」のわたしたち 瀬尾 育生(著) - 言視舎
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

吉本隆明の言葉と「望みなきとき」のわたしたち (ヨシモトタカアキノコトバトノゾミナキトキノワタシタチ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:言視舎
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
重さ 300g
248ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-905369-44-8   COPY
ISBN 13
9784905369448   COPY
ISBN 10h
4-905369-44-4   COPY
ISBN 10
4905369444   COPY
出版者記号
905369   COPY
Cコード
C0395  
0:一般 3:全集・双書 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年9月
書店発売日
登録日
2012年8月10日
最終更新日
2012年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

3・11大震災と原発事故、9・11同時多発テロと戦争、そしてオウム事件。困難が連続する読めない情況に対してどんな言葉が有効なのか。
安易な解決策など決して述べることのなかった吉本思想の検証をとおして、
生きるよりどころとなる言葉を発見する。
★社会は全体として均質な、陰りのない状態へ向かっている。……だがそれと同時に、……生きることの窮屈さ、息もつけないような不自由さ、あてのない不安やピリピリした不快や恐怖がある。……「望みなさ」は私たちの前にある問題や困難のなかにあるのではなくて、むしろそれらの「語られ方」のなかにある。その場所こそ、ひとりひとり言論と言語表現の現場作業員であるにすぎない私たちにとって、決して離れることのできない最後の持ち場なのだ。「はじめに」より

目次

1 吉本隆明の3・11言論と「超越」をめぐって~文学者が「反省」すること、吉本発言の一貫性と原理性
2 『母型論』の吉本隆明と『戦争詩』以後~「嫌な時代」の構造、反・西欧的言語論としての『母型論』
3 全体性の認識と文学の主張する場所~吉本思想の80年代以降について、「存在倫理」について
4 オウム問題についての感想ほか

前書きなど

「望みなさ」は私たちの前にある問題や困難のなかにあるのではなくて、むしろそれらの「語られ方」のなかにある。その場所こそ、ひとりひとり言論と言語表現の現場作業員であるにすぎない私たちにとって、決して離れることのできない最後の持ち場なのだ。(「はじめに」より)

版元から一言

困難が連続する読めない情況に対してどんな言葉が有効なのか。
安易な解決策など決して述べることのなかった吉本思想の検証をとおして、生きるよりどころとなる言葉を発見する。

著者プロフィール

瀬尾 育生  (セオ イクオ)  (

1948年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、首都大学東京教授。
詩集多数。評論『戦争詩論1910-1945』(やまなし文学賞)、最新刊『純粋言語論』(五柳書院)ほか、多数。

上記内容は本書刊行時のものです。