版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
簡単おいしい山ごはん 風森 ひのこ(著) - シロクマ社
.
shirokuma books

簡単おいしい山ごはん

発行:シロクマ社
A5判
縦208mm 横148mm 厚さ8mm
重さ 299g
96ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-905353-59-1
Cコード
C9477
雑誌扱い ムック・その他 家事
雑誌コード
60181-12
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年5月
書店発売日
登録日
2012年5月16日
最終更新日
2014年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ふらっと山に行きたくなったとき、街の小さなコンビニに買いに行く。
インスタントラーメンだけじゃ味気ないから、ちょっとした一手間を加えて料理をする。
そんな簡単でかつおいしい山ごはんのレシピをまとめた一冊です。
日帰りハイキングから、山キャンプ、縦走などにも使えるだけでなく、一人暮らしの夜ごはんにもおすすめです。
ズボラだけどアイデア満載なレシピがたくさんつまっています。

目次

マーボー高野豆腐・・・ 08
コーンクリーミーパスタ ・・・ 10
やきとり缶で親子丼 ・・・ 12
ミートボールパスタ・・・ 14
マーボー卵ごはん・・・ 16
ラーメンの具ビーフン・・・ 18
豆乳パスタ・・・ 20
マーボー焼そば ・・・ 22
さきいか雑炊 ・・・ 24
ホタテ貝柱ビーフン ・・・ 26
カリカリベーコンオムのせごはん・・・ 28
ツナ缶のトマトジュースパスタ ・・・ 30
やきとり缶で炊き込みごはん・・・ 32
いかの薫製ペペロンチーノ ・・・ 34
ごはんピザ・・・ 36
ツナ缶のバジルパスタ ・・・ 38
魚肉ソーセージチャーハン ・・・ 40
ツナツナケチャップライス・・・ 42
豆&ソーセージのトマト煮・・・ 44
バターしょうゆパスタ・・・ 46
ポテトハンバーグオムレツ・・・ 48
やきとり缶粒マスタードあえ ・・・ 50
薫製のドレッシングパスタ ・・・ 52
コンビーフピラフ ・・・ 54
ツナコン餃子・・・ 56
高野豆腐ピザ・・・ 58
簡単わかめスープ ・・・ 62
玉ねぎチーズスープ・・・ 64
豚汁スープ・・・ 66
まるごとオニオンスープ ・・・ 68
大根のミルクスープ ・・・ 70
レタスde和風スープ ・・・ 72
カレースープ ・・・ 74
大葉とみょうがの卵とじスープ・・・ 76
簡単ヴィシソワーズ ・・・ 78
コチュジャンスープ ・・・ 80
朝に食べたいバターロール・・・ 84
おつまみクラッカー・・・ 85
ワンタンもどきの大根スープ ・・・ 86
鶏がらビーフン・・・ 87
カリッとおいしい明太マヨピザ・・・ 88
ふわふわマシュマロサンド ・・・ 89
イワシオイル丼 ・・・ 90
手抜きが命! 明太ポテトサラダ・・・ 91
とろとろチーズのカレードリア ・・・ 92
癒しの洋風トマトスープ・・・ 93
和風練り物チーズかけごはん ・・・ 94
卵とハムとトマトのコラボサンド・・・ 95

前書きなど

山で食べるごはんは、なんでこんなにおいしいんだろう。

山と山の間に沈んでいく夕陽を眺めながら食べる晩ごはん。
翌日に歩く場所の地図と、にらめっこしながら飲む就寝前の紅茶。
雲海から顔を出す朝日に挨拶しながら飲む温かいスープ。
決して豪華な食事ではないのに心が休まる。

わたしにとって、山ごはんは「ご褒美」。
山を登ったご褒美なのはもちろん
なんてことない慌ただしい日々へのご褒美でもある。

今回、この本で紹介するのは
そんな慌ただしい日々の中にこそあるレシピなのかもしれません。
朝早くから山に登るのに、山ごはんを買う時間がなかった。とか
山へ向かうまでの道でどうにか調達できないだろうか。とか
忙しく慌ただしいから何も考えられませんっ。などなど……
それでもお山に行きたい! という方々へ。
コンビニで手に入る材料で簡単に作ることができるレシピです。

ちょっと手を加えるだけで
味気ないものが「料理をした」ものに変わり、温かみが加わる。
ほとんどが、基本の調味料+ちょっとした材料なので
お料理が苦手だったり、めんどくさがりだったり、
そしてなんと言っても
できれば少しだけ見た目のよいごはんを食べたいけど
重たい荷物を背負えない方へ。おすすめします。
山ごはんを食べるために山に登る。
さぁ、次はどこのお山に行こうかな♪

版元から一言

風森さんの作る山ごはんはただおいしいだけではなく、「ゴミがあまりでないように、残さないように、なるべく森を傷つけないように。」を理念に工夫をこらした外ごはんレシピをいくつも自分の物にしていました。そしてそれが意外にアイデア1つで簡単にできることだとも知りました。
「そんな風に自然と仲良くできる風森ひのこさんのごはん本を作って、いろんな人に真似してほしい。」と思ったのがこの本を作るきっかけとなったのです。
 外で食べるごはんは豪勢でなくてもいい。食べ過ぎでもよくない。シンプルにおいしく全ての自然に感謝して頂くそんな気持ちがこめられている一冊になったと思います。

著者プロフィール

風森 ひのこ  (カザモリ ヒノコ)  (

空想風景画家、外ごはんスタイリスト、グラフィックデザイナー。料理好きがこうじて調理師の免許を取得。自然の一部として生きる「きこり」スタイルを目指す。

上記内容は本書刊行時のものです。