版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
戦時下日本美術年表 飯野 正仁(著/文) - 藝華書院
.

戦時下日本美術年表

発行:藝華書院
A4変型判
縦235mm 横310mm 厚さ65mm
1300ページ
上製
定価 60,000円+税
ISBN
978-4-904706-00-8
Cコード
C3070
専門 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2013年9月11日
最終更新日
2013年9月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「戦争」と「美術」とのかかわりに焦点を当てながら、当時の印刷物から関連記事・図版を博捜・収集。1930年から1945年、そして戦後までの日本近代美術史の動向を、年・月・日順に概観可能となるよう年表形式にまとめ、戦時下日本美術史の輪郭を形づくることを試みた。

目次

・本書の構成 凡例
・1930年~1947年 年表 図版
・附録 戦争記録画一覧
・文献一覧
・図版一覧
・索引 人名 事項

前書きなど

「アジア・太平洋戦争」下を日本の画家は如何に生きたのか―。戦時下の国民として、従軍して絵を描き続けるのか、絵筆を捨て出征して一兵士として戦うのか、戦時下インフレのなかで売り絵をかきなぐるか、獄にあって反戦を貫くか、いずれにしろごく限られていた。本書は戦時下にあって、誰がいつ、どこで、なぜ、何をしたのかを考えるための基礎資料として編んだ。画家の動静を中心とするとはいえ、画家という存在を特別視しているわけではない。本書編纂の目的は、戦時下の日本人の実相を知ることにあり、「美術」という視点は、そのための一つの切り口に過ぎない。

版元から一言

本書は基礎資料として活用していただけるよう、細心の編集をしました。

上記内容は本書刊行時のものです。