版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
みつばち鈴木先生 原 研哉(編) - 羽鳥書店
.

みつばち鈴木先生 ローカルデザインと人のつながり

発行:羽鳥書店
A5判
304ページ
並製
定価 3,200円+税
ISBN
978-4-904702-45-1
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年5月
書店発売日
登録日
2014年4月18日
最終更新日
2014年5月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

デザインが地域の魅力を引き出す
ミツバチのように全国各地を飛び回り地域とクリエイターを結びつける
“みつばち先生”こと鈴木輝隆教授の活動を一挙に紹介する
ローカルデザインの「教科書」

僕らは“みつばち先生”に運ばれる「花粉」なのだ ――原研哉

目次

 先生は熱く人を結んでいく  原研哉

1 みつばち鈴木先生
 みつばち先生 鈴木輝隆展  鈴木輝隆
 デザインミツバチというこれからの仕事  ナガオカケンメイ
 むかわ町――北海道  土井博子+原 研哉
 鶴の湯――秋田県仙北市乳頭温泉  佐藤和志+梅原 真
 高柳町――新潟県柏崎市  春日俊雄+小林康生+隈研吾+梅原 真
 ハウジングアンドコミュニティ財団――東京都+全国  大内朗子+梅原 真
 国土交通省半島振興室――東京都+下北半島+幡多半島 他21半島  大石麻子+大黒大悟+白井 亮
 小布施――長野県小布施町  市村次夫+原 研哉+梅原 真
 穂坂町――山梨県韮崎市  福田敏明+奥村文江+三木俊一
 中央葡萄酒――山梨県甲州市勝沼町+北杜市  三澤茂計+原 研哉
 天空の森――鹿児島県霧島市枚園町  田島健夫+梅原 真
 種子島――鹿児島県西之表市  河口 修+梅原 真

 咲いている花を見逃さない――ローカルデザインのはじまり  原 研哉

2 ローカルデザインと人
 これぞ秘湯・鶴の湯――乳頭温泉郷  梅原 真×佐藤和志×鈴木輝隆
 じょんのび高柳――陽の楽家  隈研吾×小林康生×春日俊雄×鈴木輝隆
 小布施の旦那衆――小布施堂・桝一市村酒造場  ナガオカケンメイ×市村次夫×鈴木輝隆
 甲州ワインの誇り――中央葡萄酒  原 研哉×三澤茂計×鈴木輝隆
 半島のじかん――23の半島の「風景・人・産物」  大黒大吾×原 研哉×鈴木輝隆

3 ローカルから世界を見る
 吉田桂介さんとの出会い  鈴木輝隆
 八尾の和紙づくり  吉田桂介×市村次夫
  白秋先生のノートの束  吉田桂介
  杖andステッキ 吉田桂介
 八尾をたずねて  吉田桂介×原研哉×鈴木輝隆
 土地に根を下ろす力  原研哉

4 ローカルデザイン研究会
 ローカルデザインの可能性  鈴木輝隆
 全101回の軌跡

執筆者紹介
初出一覧

版元から一言

“みつばち先生”こと鈴木輝隆(すずき てるたか)
1949年名古屋市生まれ。1973年北海道大学農学部農学科卒業。神戸市役所、山梨県庁、総合研究開発機構をへて、現在、江戸川大学社会学部現代社会学科教授。
「住民自治とローカルデザイン力から地域経営」が研究テーマ。各地の地域づくりに関わり、北海道ニセコ町、秋田県乳頭温泉 「鶴の湯」、長野県小布施町、山梨県甲州市、東京都八王子市、高知県四万十ドラマ、鹿児島県西之表市(種子島)など、全国に地域づくりのネットワークを構築している。

著者プロフィール

原 研哉  (ハラ ケンヤ)  (

グラフィック・デザイナー。1958年岡山市生まれ。武蔵野美術大学教授。日本デザインセンター代表。
文化は本質的にローカルなものととらえつつ、日本を資源に世界の文脈に向き合うデザインを展開している。広告、商品、展覧会、空間など、多様なメディアで活動。
著書は『デザインのデザイン』(岩波書店/サントリー学芸賞受賞)、『白』(中央公論新社)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。