版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新・気づいて乗りこえる 長谷川七重(著) - メディアイランド
.

新・気づいて乗りこえる 精神的DV(夫からのモラルハラスメント)に悩む女性のためのガイドブック

A5判
160ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-904678-65-7
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年3月
書店発売日
登録日
2014年12月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本人も周囲も気づきにくいDVの精神的暴力(モラルハラスメント)。経験者であるサポートグループのメンバーと共に作成したチェックリストをやりながら解説を読むことで、迷路から抜け出しましょう。リストを使うと援助者(家族や友人も)にもわかってもらいやすくなり、援助者(家族や友人なども)もサポートしやすくなります。
「選択の輪」でこれからの生き方のヒントを得ることができます。癒して自信をつけていくワークをしながら読み進めることができる「自分でできるカウンセリング」の本でもあります。深刻な影響を受けている面前DVの子どもについてまとめた日本で初めての本です。親族や職場、地域などでモラルハラスメントを受けているかもと思う人にも参考になる本です。

・屈折した支配のコントロール=モラルハラスメントのしくみに気づく
・変化している自分に気づく(何をやってもだめ、どうしたらいいのか、誰も信用できない、何がおこるか常に不安、感情や気持ちが混乱している、からだもあちこち不調、いつも夫の機嫌に気を遣っているなど)
・どんな精神的暴力を受けているかチェック(明白な事実を認めない、一貫性のない言動、自分の価値観・情報を押しつける、不機嫌な態度で譲歩させる、変なわかりにくいコミュニケーションで振り回すなど)
・怒りや悲しみを押し殺してがんばっている心身に気づく(うつ症状・PTSDなど。カウンセリングを受けたほうがいい場合)
・精神以外の暴力があるかチェックして特徴に気づく
・子どもの変化に気づく(影響と接し方、専門機関に相談したほうがいい場合)
・パワーをよみがえらせるワークで元気に(不安や妄想からの解放、安心感や自信を取り戻す、自分を感じ表現するワークなど)

目次

はじめに
第1章 気づく勇気
1 夫に振り回されていませんか?
2 「屈折した支配のコントロール」のしくみ

第2章 変化している自分に気づく
1 何をやってもダメな自分と思うようになっていませんか?
2 自分がどうしたいのかがわからなくなっていませんか?
3 だれも信用できなくなっていませんか?
4 何が起こるかわからなくて、不安になっていませんか?
5 自分の感情や精神状態について、気持ちが混乱することはありませんか?
6 自分のからだに鈍感になっていませんか?
7 セックスをすることを避けていませんか?
8 いつも夫の機嫌に気を遣っていませんか?
9 男は多少暴力的でも仕方ない、女は自分を主張するべきではないと思っていませんか?
10 子どもの要求より夫の要求を優先していませんか?

第3章 生きのびるためにしてきた心身の努力を見直す
1 からだはこんなにがんばっている
2 こころは見て見ぬふりをしていませんか?
3 怒りや悲しみを押し殺していませんか?
4 今の私~うつ症状、PTSD、パニック~

第4章 4つの屈折した支配のコントロール
    ――内容と対応――
1 こころをこわす精神的コントロール
2 経済的なコントロール
3 語りにくい性的コントロール
4 こころも傷つける身体的暴力によるコントロール
5 受けているコントロールの特徴に気づく

第5章 子どもへの4つのコントロール――内容と対応
1 こころの成長をはばむ精神的コントロール
2 経済的コントロール
3 秘密にされやすい性的コントロール
4 こころも傷つける身体的暴力によるコントロール

第6章 子どもの変化に気づいていますか
1 嫌な目にあっても我慢していませんか?――気持ち(感情)の変化
2 かんしゃくを起こしませんか?――行動の変化
3 暴力を振るわれるのはその人が悪いからと思っていませんか?
  ――考え方(価値観や認識)の変化
4 夜うなされていませんか?――身体の変化
◎子どものことを専門機関に相談したほうがいい場合のチェック

第7章 乗りこえるために
1 選択の輪
カウンセリングを受けたほうがいい場合
2 パワーをよみがえらせるワーク
(1) 安心感を取り戻すワーク
(2) 不安や妄想(夫の考えが浮かんでくる)から解放されるためのワーク
(3) 自信を取り戻すワーク
(4) 自分を感じ、表現するワーク
(5) 他者への信頼感と境界感覚を取り戻すワーク
(6) 心身の疲れに気づき、癒すワーク
(7) 夫婦像を振り返るワーク
3 どのくらい乗りこえられましたか?

[付録]当事者でないファシリテーターの方へ

前書きなど

〈「はじめに」より〉
この本は、これまで行なってきて有効だったチェックリスト、ワークやリラクセーションを中心に、
夫からの暴力(この本では、「屈折した支配のコントロール」という概念で説明しています)についてまとめています。
一人でチェックをしながら、読み進めていくことができます。
進めていくうちに、自分や子どもが受けているコントロールとその影響について洞察できて、
周囲の人にも説明したり、子どもについても相談しやすくなると思います。
当事者の人たち、そしてさまざまな立場の支援者の人たちにも、
「屈折した支配のコントロール」とはどんなコントロールなのか、
受けていると感性や意識がどのように変化するのか、子どもたちはどのような影響を受けるのか、
どう対応すればいいのかなど、乗りこえるためのヒントをこのガイドブックから得ていただけることを願っています。

版元から一言

実際にDVに悩む方たちとカウンセラーが共同で執筆。
当事者目線で読者に寄りそった、やさしい内容です。
口コミのみで1500部を完売した旧版から、
さらに内容を充実させて新版が登場しました。

1.思考のクセや行動パターンを認識できるチェックリスト付き
2.カウンセラーや家族も読んで、理解を深められる
3.精神的暴力やモラル・ハラスメントに新たに育児問題が追加

精神的DVやモラル・ハラスメントに悩む人に読んでほしい一冊です。

著者プロフィール

長谷川七重  (ハセガワ ナナエ)  (

1949年生。1990年、京都で「女性のためのカウンセリングルーム和敬」の立ち上げに参加。1992年から「兵庫県立女性センター」女性問題カウンセラー、1997年から「京都府女性総合センター」相談コーディネーターを経て、現在は民間の相談室で心理カウンセラーをしながら、DVに関してのグループワークや講演、論文執筆をはじめ「パートナーとのコミュニケーション講座」「親子のためのアサーション・トレーニング」「子育て・自分育て講座」などの講師活動を女性センター等で行なっている。

上記内容は本書刊行時のものです。