版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「ふふふ」の処方箋 前垣和義(著/文) - メディアイランド
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|鍬谷
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

「ふふふ」の処方箋 (フフフノショホウセン) 人生一服 ココロのクスリ (ジンセイイップクク ココロノクスリ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-904678-19-0   COPY
ISBN 13
9784904678190   COPY
ISBN 10h
4-904678-19-2   COPY
ISBN 10
4904678192   COPY
出版者記号
904678   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2010年5月
書店発売日
登録日
2010年4月30日
最終更新日
2010年12月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

笑いは、心とからだの元気の素、「ふふふ」と笑って明るくすごしましょ。
大阪日々新聞と日本海新聞に好評連載中の前垣和義さんのエッセー&川柳。

■著者からのメッセージ


ため息の「ふー」は、似合いません。
微笑みの「ふふふ」を生む本です。
味な川柳と人生コラム、そして1句1句に漫画家・高宮信一さんのイラスト
どこから読んでもクスリと笑えて
あったか~くなれる、
そんな本です、『「ふふふ」の処方箋』。

こころの温度が、3℃ほど上がります。
人生は、楽しいことよりも、辛さや悲しみのほうが多いとも言えます。
そういうときも寂しい顔は封印して、笑顔でもって周りを明るく元気にしていくのもひとつの生き方ではないでしょうか。
「泣かんとき笑ても涙出るさかい」 
 ね、そうでしょう。笑っても泣いても涙は出てきます。それなら、笑るほうが、こころにもいい。だから、そうしましょう。
「しんどいとグチってラクになれば言う」
 辛いときに「辛い」と1万回、口にしても、辛さが吹き飛ぶわけではありません。むしろ、辛さが余計にふくらむことにも。それなら、しかめ面をされるよりも、ニコリとされませんか。その顔でいると、ほら、人が近づいてこられる。辛の字が、幸の字に置き換わっていることにも。

こうあってほしいなあ、いや、こうあるべきですよ、という思いで、川柳を詠み、人生コラムを書きました。世の中、ギスギスしていますが、だからこそ、こんな本もいいのではないでしょうか
どうか、「ふふふ」とお読みください。
そのクスリの笑いが、こころの疲れを癒し、元気にする「薬」になりますことを願って。
                            
『「ふふふ」の処方箋』。
◎ 食前、食後、食間、いつお読みいただいても効果的です。
◎ お子さまの手の届く所に置いていただいても安心です。
◎ 読みほどに、こころがふぁ?と軽くなり、あったかくなってくるとも思いますが、これはしあわせの「福作用」ですから、どうか、そのままお読み続けてください。

わたくし、前垣和義は、大阪日日新聞、日本海新聞で「一日一笑にちにち川柳」を連載中です。大阪研究家として、『大阪のおばちゃん学』(PHP文庫)をはじめ、著書も数々。

目次

プロローグ 「手々噛むイワシ」で生きていく

“クスリ”は、心の元気薬
ポケットに、ま~るい「洒落袋」
愛と人情、熱く厚く
「身の丈」で生きる
人生に「ポチ袋」の幸せを
堪忍袋をふくらませる
「つっこみ心」を持ち歩く
「底抜け」を楽しむ
「ときめき心」を眠らせない
「ぼちぼち」いきましょう

エピローグに代えて 一流望まず「せんりゅう」でよし

版元から一言

川柳は、世の中をちょっと皮肉ったり、素直に感動したり。
大阪の「笑い」が、読む人に元気を与えてくれます。
ペーソスのある内容にぴったりの漫画家・高宮信一氏がイラストを担当。
最近、「ふふふ」と笑っていない、そこのあなた、必見です!

著者プロフィール

前垣和義  (マエガキ カズヨシ)  (著/文

大阪研究家、相愛大学客員教授、帝塚山学院大学講師、日本笑い学会会員(笑いの講師団)。著作、コラム執筆、全国各地での講演、マスコミコメント、大阪の文化創造など幅広い分野で活躍。大阪日日新聞・日本海新聞にて「一日人笑にちにち川柳」連載中。主な著書に『大阪のおばちゃん学』、『東京と大阪「味」のなるほど比較事典』(以上PHP文庫)、『ゴネる技術』(ダイヤモンド社)、『大阪のお勉強』(西日本出版社)、『大阪のおばちゃん力5+1』、『ほな!! ぼちぼちいこか大阪弁』(以上すばる舎)、『おもろい「1坪商法」で食っていく』(インデックス・コミュニケーションズ)、『持ち歩きペラペラ大阪弁』(エンタイトル出版)ほか多数。

追記

絵・高宮信一

上記内容は本書刊行時のものです。