版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール 吉原 真里(著) - アルテスパブリッシング
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
JRC     ト・日・他     書店
松沢書店     ト・日・他 → 書店
直接取引:あり
返品の考え方: すべての商品の返品を無期限で承ります(了解者=鈴木)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール (ヴァンクライバーンコクサイピアノコンクール) 市民が育む芸術イヴェント (シミンガハグクムゲイジュツイヴェント)

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
280ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-903951-32-4   COPY
ISBN 13
9784903951324   COPY
ISBN 10h
4-903951-32-4   COPY
ISBN 10
4903951324   COPY
出版者記号
903951   COPY
Cコード
C0073  
0:一般 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年6月
書店発売日
登録日
2010年5月30日
最終更新日
2010年6月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 2009年、日本人ピアニスト、辻井伸行さんが優勝したことにより、日本中にその名を知られるようになった「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」。ハワイ大学でアメリカ研究を専攻する著者は、その第13回コンクールの予選から本選までを研究者として取材し、はからずも辻井さんの優勝にいたるドラマの一部始終の目撃者となった。
 テキサスの一地方都市で開催されるコンクールが、チャイコフスキー、ショパンといった世界的な音楽コンクールと肩をならべるまでの権威を獲得し、国際的な成功をおさめるにいたった理由とは? 1200人もの市民ボランティアが支えるコンクールの舞台裏はどうなっているのか? そして、辻井伸行とハオチェン・チャン(中国)が1位、ヨルム・ソン(韓国)が2位と、2009年も入賞を独占したアジア人音楽家たちの活躍の背景にはなにがあるのか──。
 「理想のコンクール」を求める人々の姿を熱くドキュメントした音楽ノンフィクションの快作!

目次

序 章*ドラマの幕は開く
第1章*第13回クライバーン・コンクールの幕開け
第2章*クライバーン・コンクールとは
第3章*予 選
第4章*クライバーン・コンクールを支えるコミュニティと人びと
第5章*準本選
第6章*クライバーン・コンクールの舞台裏
第7章*本 選
終わりに クライバーン・コンクールのもつ意味

前書きなど

序 章*ドラマの幕は開く
(略)
 本書は、私が見たクライバーン・コンクールの物語である。
 いうまでもなく、物語の多くはバス・ホールの舞台上で展開されるが、この本の目的はそれぞれの演奏を描写したり批評したりすることではない。音楽の演奏を言葉で表現することには限界があるし、二九人の演奏についてこと細かに記述しても、多くの読者にはそれほど面白くないだろう。私は音楽の専門家ではなく、コンクールで演奏された多くの曲について高度な知識をもっているわけではない。審査員よりは一般聴衆に近い目と耳で演奏を体験するので、演奏についての記述はあくまでも個人的な印象と考えていただきたい。
 むしろ、この本の主役は、クライバーン・コンクールというイヴェント全体である。バス・ホールの舞台の他にも、出場者やスタッフが駆けまわる楽屋や、聴衆が休憩時間を過ごすロビーやレセプション会場、フォーマル・ウェア着用指定の開会のガラ・ディナーや、出場者や審査員がカウボーイ帽やブーツ姿で現れる動物園でのパーティ、コンクール期間中出場者の面倒を家で見るホスト・ファミリーの家なども、このコンクールの重要な舞台である。また、二四時間対応のピアノ技術師、コンクールのさまざまな姿を追う取材の記者やカメラマン、室内楽の譜めくりをする音大生、フォート・ワース交響楽団の楽団員たちなども、コンクールに欠かせない存在だ。
 すぐれたピアノ演奏が、さまざまな音色の複層的なメロディやハーモニーを奏でるのと同様、この本が、クライバーン・コンクールを織りなす数多くの物語を伝えられればと思う。

著者プロフィール

吉原 真里  (ヨシハラ マリ)  (

1968年ニューヨーク生まれ。
東京大学教養学部卒、米国ブラウン大学博士号取得。ハワイ大学アメリカ研究学部教授。
専門は、アメリカ文化史、アメリカ=アジア関係史、ジェンダー研究など。
著書にEmbracing the East: White Women and American Orientalism (Oxford, 2003); Musicians from a Different Shore: Asians and Asian Americans in Classical Music (Temple, 2007)、『アメリカの大学院で成功する方法』『ドット・コム・ラヴァーズ』(ともに中公新書)、『性愛英語の基礎知識』(新潮新書)、共編著『現代アメリカのキーワード』(中公新書)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。