版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
証言!日本のロック70's 難波弘之(編著) - アルテスパブリッシング
.

証言!日本のロック70's

四六判
296ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-903951-15-7
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年4月
書店発売日
登録日
2016年2月16日
最終更新日
2016年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2009-05-24 日本経済新聞

重版情報

2刷 出来予定日: 2009-08-01

紹介

70年代日本のロック黎明期に最前線を駆け抜けた大物ミュージシャンたちが、「評論家には任せていられない!」とばかりに集まり、自らの体験をもとに日本におけるロックの意義や真価を語り合った、貴重なトークセッションの記録です。ほかでは聞くことのできないロック談議が満載!

登場ミュージシャン:PANTA(頭脳警察、exPANTA&HAL)、難波弘之(ex金子マリ&バックスバニー)、ダディ竹千代(東京おとぼけcats)、土屋昌巳(ex一風堂)、山本恭司(BOWWOW)、岡井大二(四人囃子)

目次

はじめに   井上貴子
パート1 体験的日本ロック論
 日本ロック史の再構築へ
 ロックをリードした50年代生まれ
 憧れのエルヴィス 
 GSからサイケデリックへ
 コカコーラ並みの衝撃
 変質したエルヴィス
 物真似を怖がるな
 代表曲を聴く
 ロックのプロテストと歌詞
 フォークvsロック
 許せるフォークと許せないフォーク
 日本のミュージシャンはおぼっちゃん?
 ロック地域格差論
 ライヴハウスとインディーズ
 オヤジを怒らせてみろ!
 「ヤザワ」「サザン」というジャンル
 ミュージシャンと音楽ビジネス
 ロックは俺たちとともに滅びる……?

パート2 ニュー・ロックの夜明け
 GSは作られたブームだったのか?
 八方破れのカップス
 ニュー・ロックへの架け橋
 モップスとLSDパーティ!?
 GSへのニュー・ロックの影響
 ヴァニラ・ファッジの衝撃
 「正座して聴いてください」
 サイケデリックは文化である
 音楽批評家よ、言葉に命をかけろ!
 日本人としての音のアイデンティティ
 宇宙的レベルのかっこよさ
 責任のとれる歌詞
 カルメン・マキも英語派だった?
 日本のミュージシャンは海外で成功できるか?
 美しい日本語、新しい日本語
 テレビvsロック
 ニュー・ロックとは何だったのか?

パート3 ハード・ロックは死なず!
 バウワウ、デビューする
 あなたはツェッペリン派? パープル派?
 ハード・ロックの基本
 三大ギタリスト比較
 レスポールか? ストラトか?
 ヤマハは偉大だった
 グレコ、神田商会、星野楽器
 周辺機器を追求する
 ギター・テクニック講座
 いきなりヴォーカル・デビュー
 PANTA、ハード・ロックへの試行
 ロックのリフに日本語は乗るのか?
 リフ・ミュージックとしてのロック
 サウンドとしての英語詞
 バンドにキーボードがいない時代
 沖縄とロック
 ハード・ロックは死なず!

パート4 プログレの技術と精神
 岡井大二の原点
 PANTA推薦=ピンク・フロイドとカルメン
 難波弘之推薦=PFM
 ダディ竹千代推薦=キング・クリムゾン
 キーボードの可能性
 ドラム・サウンドの録り方
 シンプルな素材を複雑に見せる
 変拍子のグルーヴ感
 すべては『サージェント・ペパーズ』から
 四人囃子と成毛滋
 プログレで売れたのは?
 “お祈り系”の系譜
 “音バカ”集団、四人囃子
 「ここにこの音が欲しい」
 ヨーロッパは基本プログレ
 プログレはすでに滅びている?
 テクノ、パンクとプログレ
 プログレという用語の悲劇
あとがき   難波弘之
日本ロック史年表1952~1984[作成:井上貴子、編集部]

前書きなど

あとがき(難波弘之)
 “70年代日本のロックを語ろう”というイベントと、その模様を収録した本書が上梓されるまでの経緯については、井上さんの前書きで触れられていると思うので、ここでは”ごく個人的な視点からのあとがき”を書かせていただくことを、どうかお許し願いたい。
 ロックとは何か? については、敢えて触れまい。
 人間というものはみな、自分だけの思い入れで出来上がっている動物だから、人それぞれに“自分だけのロック”があるだろう。
 むしろ、このイベントで重要なのは、70年代にロックに夢中になって、挙句の果てにミュージシャンという、ヒトとしてあるまじき(笑)外道の道に迷い込む羽目になった愛すべき仲間たちを呼んでトークを繰り広げる、というところにある。
 つまりこれは、恐るべき”現場からの報告書”なのだ。ロックという魔物に取り憑かれ、音楽を生業とするようになった哀れなる者たち(爆)の肉声。音楽雑誌では決して取り上げられることがなかった切り口だと思う。
 振り返ると、じつに楽しいトークの連続だった。
 まず、レギュラー・スピーカーからしてユニーク。
 PANTAは、世間で思われているほど強面ではない。じつは、良い意味で古風で心優しい紳士なのだ。昔、本名で毛筆の年賀状を頂いたことがある。しばらくそれがPANTAからの年賀状だと気付かなかった。
 加治木剛は、このトークショーの開催場所となったライヴハウス新橋ZZのオーナーで、伝説のバンド、カルメン&マキ&OZの作詞家にして、早すぎたバカテクのコミック・ロック・バンド(ただのコミック・バンドではないところが重要)、ダディ竹千代&東京おとぼけCatsのリーダー。
 そして、井上貴子は、元東京おとぼけCatsのメンバーにして、現在は大東文化大学教授。ロックと出会ったからこそ知ってしまったインド音楽にハマり、ついには研究者となってしまったという変わった経歴の持ち主。
 まあ、こういったメンバーがどういったゲストを呼ぶかと言えば、そりゃあディープな方々ばかりになるのは仕方ない。同世代から先輩まで、なにしろ気まぐれなミュージシャンをどうやって集めるか、なかなか苦労した。しかし、ふたを開けてみれば、声をかけた方々は、交通費程度の薄謝しかお出しできなかったにもかかわらず、じつに気持ち良く引き受けて下さり、誠に感謝に堪えない。
 そして、なによりも驚いたのは、皆さん、よくお喋りになる(笑)。本当に楽しゅうございました。
 中学から高校にかけての、“プレ70年代ロック”の頃のことを考えていたら、別の仕事で対談したローリーの言葉を思い出してしまった。近所のロック好きのお兄さんにピンク・フロイドを聴かされて、頭の中を“サイケデリックなものが駆け巡った”そうだ。
 そのざわざわした感触は、僕にも覚えがある。土屋昌巳が語った「世の中が大きく変わるような予感」が、ロックという音楽と共に、ティ-ンエイジャーだった僕らを襲ったのだ。
 そんなにまで魅せられたロックの本質は何なのか、なんていうことは考えたこともなかった。ただ、夢中で追いかけているうちに、はっと気が付いたらミュージシャンになっていた、というのが、正直なところだ。恐らく、参加してくれた方々はみなそうだと思う。
 ゴールデン・カップスの歌ではないが、それで良いじゃないか。
 ロックとは所詮、そんなもの。
 これを読んで下さった方々が、ひとりひとりの“自分のロック”を発見するヒントになってくれれば、本書の目的は達せられたようなものだ。
 そして、ロックといえば洋楽、というイメージは仕方ないとしても、日本のロック黎明期に、この“ロック”というあまりにも巨大な怪物と格闘していた諸先輩方の偉大な足跡を少しでもお伝えすることができたならば、この企画に加担した者として、何よりの喜びである。
 そして、ここからが重要で、この本の売れ行きが良ければ、第5回以降のトークを収録した次の本も出せるようになる。ゲストの方々の貴重な証言を、今後もぜひ世に問うてみたいと考えている。ひとつ、読者諸兄の応援を切に乞うものであります!

版元から一言

登場していただいたミュージシャンに多数ご参加いただいて、4月2日(木)に刊行記念イヴェントを阿佐ヶ谷ロフトで行ないます。どうぞご来場ください。

著者プロフィール

難波弘之  (ナンバヒロユキ)  (編著

1953年東京都生まれ。キーボード奏者、作編曲家、SF作家、東京音楽大学准教授。76年に金子マリ&バックスバニーでレコード・デビュー。79年、著名なSF作品を題材とした1stソロ・アルバム『センス・オブ・ワンダー』を発表。81年にはSense Of Wonderを結成し、アルバム制作と演奏活動を続けると共に、山下達郎をはじめ様々なジャンルのミュージシャンのレコーディングやステージに参加。作編曲家として楽曲提供、TV、アニメ、CM、ゲーム、映画などの音楽を制作。また「ベストサウンド」「イカ天」「タモリの音楽は世界だ」などTV番組に出演、FM番組のパーソナリティなども務めた。現在もSense Of Wonderのほか、野獣王国、ExhiVision、ヌーヴォ・イミグラート、ネルソン・スーパー・プロジェクト、A.P.J.などで活動中。

井上貴子  (イノウエタカコ)  (編著

1957年岐阜市生まれ。東京藝術大学音楽学部に在籍中はロック・バンドの活動にあけくれ、ダディ竹千代と東京おとぼけキャッツに在籍したこともある。卒業後4年間インドのデリー大学に留学し、声楽を修める、帰国後はインド音楽声楽家として国内外で演奏活動も行なう。現在は大東文化大学国際関係学部教授として、インドの歴史と芸能を講じている。2005年、東京大学より博士号(学術)授与。主な著書に『ビートルズと旅するインド、芸能と神秘の世界』(2007,柘植書房新社)、『近代インドにおける音楽学と芸能の変容』(2006)、『ヴィジュアル系の時代―ロック、化粧、ジェンダー』(共著、2003,以上青弓社)などがある。音楽雑誌への寄稿やライナーノート執筆も多数。

PANTA  (パンタ)  (

1950年埼玉県所沢生まれ。日本ロック・シーンを代表するオリジネイターのひとり。70年に頭脳警察としてデビュー。パーカッションのトシとともに作ったファースト・アルバムがいきなり発売禁止となるものの、74年の『悪たれ小僧』まで6枚のアルバムを発表して、75年に解散。76年の初のソロ・アルバム『PANTAX'S WORLD』などを経て、79年には鈴木慶一をプロデューサーに迎え、PANTA & HALとして傑作『マラッカ』を発表。81年にHALが解散してからも、87年の大作『クリスタルナハト』をはじめとするソロ活動、90・01・08年と3度にわたる頭脳警察の復活、ロックや歌謡曲など多彩なジャンルにわたる楽曲提供やプロデュースワーク、俳優など幅広く活躍し、つねに第一線を走り続けている。

ダディ竹千代  (ダディタケチヨ)  (

1953年鹿児島県加世田市生まれ。1976年結成、日本ロック界きってのコミック・バンドとして名高い「ダディ竹千代&東京おとぼけCats」のリーダー/ヴォーカリスト。78年にシングル「電気クラゲ」でビクターからデビュー。80年にファースト・アルバム『First』を、81年には難波弘之らをゲストに迎えたセカンド『イデオット・プロット』を発表したあと解散。その間「オールナイトニッポン」のDJも担当。70年代にカルメン・マキ&OZに「六月の詩」「午前1時のスケッチ」といった名曲の歌詞を提供したことでも知られる。おとぼけCatsは90年代に入って再結成し、アルバムとライヴ・ビデオを発表。07年にライヴハウス&バー「ZZ」を東京・新橋にオープンし、後進の育成にも力を入れている。

上記内容は本書刊行時のものです。