版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
街場の戦争論 内田樹(著/文) - ミシマ社
.
シリーズ 22世紀を生きる

街場の戦争論

発行:ミシマ社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ21mm
288ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-903908-57-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年10月
書店発売日
登録日
2014年10月3日
最終更新日
2014年11月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-12-07 読売新聞
2014-11-23 産經新聞
2014-11-16 東京新聞/中日新聞

紹介

日本はなぜ、「戦争のできる国」に
なろうとしているのか?

安倍政権の政策、完全予測!

全国民の不安を緩和する、「想像力の使い方」。

シリーズ22世紀を生きる第四弾!!

改憲、特定秘密保護法、集団的自衛権、グローバリズム、就職活動……。
「みんながいつも同じ枠組みで賛否を論じていること」を、別の視座から見ると、
まったく別の景色が見えてくる!
現代の窒息感を解放する、全国民必読の快著。

目次

まえがき
第一章 過去についての想像力
第二章 ほんとうの日本人
第三章 株式会社化する日本
第四章 働くこと、学ぶこと
第五章 インテリジェンスとは
少しだけあとがき

著者プロフィール

内田樹  (ウチダタツル)  (著/文

1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学文学部総合文化学科を2011年3月に退官、同大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。
著書に、『街場の現代思想』『街場のアメリカ論』(以上、文春文庫)、『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書・第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新潮新書・2010年新書大賞受賞)、『街場の教育論』『増補版 街場の中国論』『街場の文体論』(以上、ミシマ社)など多数。
第3回伊丹十三賞受賞。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰している。

上記内容は本書刊行時のものです。