版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
透明人間 再出発 谷 郁雄(詩) - ミシマ社
.

透明人間 再出発

発行:ミシマ社
A5変型判
縦148mm 横206mm 厚さ18mm
252ページ
並製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-903908-31-1
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年12月
書店発売日
登録日
2011年11月22日
最終更新日
2011年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

透明人間の眼を持ったなら・・・
世界初の製本方法で実現できた、まったく新しい世界

詩について
毎日一詩を書く詩人の谷郁雄さんが、震災後、一週間、筆をとれませんでした。
そして再び書き出した最初の詩が、題名にもある「再出発」でした。
本書は、2010年11月6日から2011年5月30日までに書かれた中から選んだ31詩を載せています。
また、全詩「透明人間」になったような視点で読むことができる、見ることができるのも特長です。

―「世界初の製本」の意味―
詩 ― 半透明の用紙
写真― 通常の用紙
詩と写真が交互に展開され、それにあわせ一枚一枚用紙も変化していきます。
これまで誰もが形にしたかったけれど実現不可能だった製本です。
今回、一般流通するものとして(おそらく)世界で初めて可能になりました。
「透明人間」の視点、「再出発」の視点、ふたつの視点が宿った一冊。
紙でしか表現できないこの世界を、ご堪能ください。(編集部より)

著者プロフィール

谷 郁雄  (タニ イクオ)  (

1955年三重県生まれ。同志社大学文学部英文学科中退。1990年『死の色も少しだけ』(思潮社)で詩人デビュー。1993年『マンハッタンの夕焼け』(思潮社)が、Bunkamuraドゥマゴ文学賞候補に。詩集に『自分にふさわしい場所』(写真・ホンマタカシ)『定員オーバー』(写真・長島有里枝 以上、理論社)。『実況中継』(写真・浅田政志 実業之日本社)、『空を見上げる』(写真・石川直樹 武田ランダムハウスジャパン)、『君のとなりに』(写真・谷今日子 角川学芸出版)、『思春期』(写真・青山裕企 ピエ・ブックス)、『無用のかがやき』(写真・リリー・フランキー 実業之日本社文庫)など。2011年秋には初のエッセイ集がナナロク社から刊行予定。

青山 裕企  (アオヤマ ユウキ)  (写真

1978年愛知県名古屋市生まれ。2005年筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞(南條史生選)受賞。著書に『ソラリーマン』『思春期』(以上、ピエ・ブックス)、『BODY PARTS 上半身編』(パイ インターナショナル)、『スクールガール・コンプレックス』(イースト・プレス)、『絶対領域』(一迅社)、『吉高由里子 UWAKI』(マガジンハウス)、『つきあいたい』(扶桑社)など。サラリーマンや女子高生など〝日本社会における記号的な存在〟をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作。

上記内容は本書刊行時のものです。