版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
遊牧夫婦 近藤 雄生(著) - ミシマ社
.

遊牧夫婦

発行:ミシマ社
四六判
341ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-903908-20-5
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年7月
書店発売日
登録日
2010年6月30日
最終更新日
2010年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2010-08-29 朝日新聞
2010-07-25 日本経済新聞
2010-07-18 読売新聞

紹介

無職、結婚、そのまま海外!

バンバリーでイルカ三昧、アマガエル色のバンで北へドライブ、東ティモール、捕鯨の村……二人の新婚生活はどこへ行く!?

「旅の中を生き続けたい。そう思い、結婚直後に仕事はないまま、ぼくらは二人で旅に出た。旅をしながら、住んで、学んで、働いて。五年におよんだそんな「遊牧」の日々の中で、ぼくらは確信した。そう、いまは、旅が暮らしになる時代なんだ、と――」

本書は、その五年間の最初の一年を記録した作品であり、「旅が暮らしになる時代」の<新しい夫婦の形>を描いた、異色の脱力系ノンフィクション。

目次

Ⅰ 旅の始まり、そして、オーストラリアの西端へ
 1 旅立ちの前
 2 シドニーのストーカー
 3 イルカの来る町
 4 家探し
 5 実感なき結婚の日々
 6 Uさんの死
 7 ジンバブエから来たボランティア
Ⅱ 北へ
 8 アマガエル色のバン
 9 バンバリーでの最後の朝
 10 時速八〇キロの果てしないドライブ
 11 独立国「ハットリバー公国」
 12 ネズミ、バッタ、サイクロン
 13 ダーウィン到着
 14 日本人捕虜暴動事件
Ⅲ 東ティモール
 15 オーストラリアとの別れ
 16 銃のある宿
 17 ハチャメチャな国の真っ青な海
 18 ジョンたちの決勝戦
 19 独立二周年のディリ
 20 祭りの終わり
Ⅳ 西ティモール、バリ、ラマレラ
 21 バスで歌う幼い子ども
 22 一年目の終わり
 23 捕鯨の村

著者プロフィール

近藤 雄生  (コンドウ ユウキ)  (

1976年東京生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院修了後、旅をしながら文章を書いていこうと決意し、2003年に妻とともに日本をたつ。オーストラリアでのイルカ・ボランティアに始まり、東南アジア縦断(2004)、中国雲南省で中国語の勉強(2005)、上海で腰をすえたライター活動(2006-2007)、その後ユーラシア大陸を横断して、ヨーロッパ、アフリカへ。2008年秋に帰国し、現在京都在住。著書に『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。