版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新人MRマニュアル MRの未来を考える会(編著) - SCICUS
.
社内新書 2

新人MRマニュアル

発行:SCICUS
新書判
縦182mm 横113mm 厚さ10mm
240ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-903835-62-4
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年11月
書店発売日
登録日
2012年11月12日
最終更新日
2012年11月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【誰も教えてくれなかった、MRの仕事の神髄を教えます。就活生も必読!】
日々の業務のしくみや人間関係を知れば、MRという業務のツボが見えてくる! 新人MRの目線でとらえられた、MRに必須の知識、常識、心構えをコンパクトにまとめた一冊。実地で鍛えられた<使える>ノウハウが満載です。就職活動中の学生にとっても人気職種:MRの仕事を知るのに格好の書です。

目次

第1章 新人MR3つの疑問
1 新人MRにもっとも必要なことは何ですか?
コラム:1 今どき言葉と今どき表現に注意
2 文系出身者は不利でしょうか?
3 MRの仕事は営業でしょうか?

第2章 MRのベーシックマナー
1 マナー以前に大事なこと―時間厳守
2 お辞儀の基本と使い分け
3 名刺の出し方、受け取り方
4 電話応対の基本
5 身だしなみ(新人MRのドレスコード)
コラム:2 人は見た目が9割
6 エレベーター、車内、応接室でのマナー
7 会議に臨む姿勢
コラム:3 OJTとOffJT
8 社内での新人MRのスタンス

第3章 実地研修
1 実地研修の心構え
2 実地研修5つの常識
3 記録と報告書―とにかくメモる
4 緊張と集中と息抜き
5 実地研修で学ぶ① 流通
6 実地研修で学ぶ② 販路
7 実地研修で学ぶ③ 知識のアウトプット

第4章 初めての担当
1 My first 引き継ぎ
2 前任者について
3 担当交代の意義
4 新人MRのマーケティング
コラム:4 担当医療機関のホームページは必ずチェック!
コラム:5 日本の医療機関数
5 PDCAサイクルを回せるMRになる
6 行動計画は紙に書く
7 訪問回数を指摘されたら
8 新人であることのメリットとデメリット
9 MR認定試験対策との両立
コラム:6 消化実績ってなんですか?

第5章 新人MRの実践ガイダンス
1 アポイントの取り方
2 先生との面談
3 院内での立ち振る舞い
4 先生へのメール
5 手紙の効用を考えよう 
コラム:7 手紙を書く場合に注意すべきこと 
6 他社MRとの接し方
7 先生・MSさんとの約束
8 目指すは「医療のパートナー」

第6章 新人MRの医薬情報提供活動
1 新人MRとして扱ってもらえる猶予期間 
2 新人MRでも許されないこと 
3 情報提供の際のマナー
4 学術資材を活用する際の常識
5 周辺知識の重要性
コラム:8 診療報酬のしくみ
6 最低限知っておきたい統計用語
7 臨床研究でよく使われる用語
8 臨床試験・臨床研究の種類
9 会話で使う特有の言い回し 
10 「背伸び」の代償

第7章 先生からの質問への対応
1 質問対応における新人MRのスタンス
2 対応力は初動で決まる
3 迅速性と確実性が第一
4 回答には慎重さも必要

第8章 卸の訪問
1 医薬品の流通を知る
2 卸の機能
3 新人MRは常に見られている
4 MSさんとの接し方
5 卸は情報の宝庫
6 マージン、リベート、アロワンスとは
7 卸への情報提供を忘れるな

第9章 プレゼンテーション
1 説明会の準備
2 プレゼンテーションの基本
3 プレゼンテーションの4つのタブー
4 説明内容の構成
5 パワーポイントの作り方
6 うまくやることが目的ではない

第10章 営業能力開発ってなんだろう?
1 新人MRらしく―スキルの指南には乗らない
2 最初はOne way でかまわない(まずは製品知識の完璧な習得)
3 提案型営業なんてまだ早い?
4 説得と納得の違い
5 「言われたこと」しかやらない新人MR
コラム:9 SFAとSFE
6 MR活動を楽しいと感じるために

第11章 MRであることの誇り
1 いつも患者さんを意識する
2 社会貢献を考える
3 「医療のパートナー」として

上記内容は本書刊行時のものです。