版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル 山崎 力(著) - SCICUS
.

ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル

発行:SCICUS
A5変型判
160ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-903835-47-1
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年1月
書店発売日
登録日
2010年5月24日
最終更新日
2010年5月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

姉妹作「医学統計シンプルスタイル」から大きく踏み込んだ<論文吟味>編。
本書では、医学統計の知識をいかして論文を読み、研究成果を理解するための方法を、実践を通してライブ感たっぷりに解説します。
本書を読めば、論文吟味がドキドキワクワク楽しいものになること請け合いです。最後まで読みすすめる頃には、論文の吟味の実践とはどういうことかが、自然と身についていることでしょう。

目次

第1章 はじめに
1.自己紹介と講義の指針
2.データを正しく理解するために
 (1)意外と身近にある臨床試験
 (2)論文吟味のための心構え

第2章 臨床試験のキホン
1.臨床試験とはどういうものか?
 (1)何のためにやるのか
 (2)やる前に結果がわかっている試験は×
2.データ集積と解析の方法
 (1)データ集積のパターン
 (2)さまざまな解析方法
3.生存曲線を理解する① 基本
 (1)NNTという数字が示すもの
 (2)生存時間解析の特徴―打ち切り
4.生存曲線を理解する② どう書く?
5.生存曲線を理解する③ どう見る?
 (1)ひげのついている時点に注目
 (2)ひげのないグラフは症例数に注目
(3)生存曲線から試験の問題点をみる
(4)いい打ち切り、悪い打ち切り
6.割付の方法を知っておこう
 (1)症例数が多いなら、単純ランダム化法
 (2)最もポピュラーな最小化法

第3章 臨床試験の問題点―こんな試験にならないように
1.なんでもかんでもエンドポイント?
 (1)一次エンドポイントが大事、二次はおまけ
 (2)野球のスコアにたとえてみると…
 (3)各評価項目の関係
2.後付の解析に気をつけろ
3.複合エンドポイントに惑わされるな
コラム:エビデンスの客観的な検証法
4.真のエンドポイントを見極めよう
 (1)真のエンドポイントと代用エンドポイント
 (2)見かけだけの改善は意味がない
5.都合の悪い情報は出さない?
6.これでいいのかランダム割付①
 (1)どうしてランダム割付できないのか
 (2)患者背景の問題点から作為がみえてくる
7.これでいいのかランダム割付②
8.要注意のPROBEデザイン
 (1)PROBEとは
 (2)PROBE試験が陥りやすい欠点
 (3)PROBE試験を成功させるために
コラム:臨床試験は追試できない

第4章 臨床試験をみるさまざまな視点
1.統計的有意差と臨床的有意差
 (1)NNTから何がわかるか
 (2)「作られる」統計的有意差
2.スポンサー主導で結果がよくなる?
3.メタアナリシス
 (1)メタアナリシスとは何か
 (2)メタアナリシスの限界
 (3)これが理想のメタアナリシス
4.おわりに―論文吟味のための心構え

第5章 講義のあとに…
1.論文吟味Q&A
2.大規模臨床試験の概要

版元から一言

<医学統計の考え方>を解き明かした姉妹作「医学統計シンプルスタイル プラス」も合わせてよろしくお願いいたします!

著者プロフィール

山崎 力  (ヤマザキ ツトム)  (

1985年東京大学医学部医学科卒業。虎の門病院循環器センター内科レジデント、東京大学医学部附属病院第三内科助手、東京大学保健管理センター講師、東京大学大学院医学系研究科薬剤疫学講座客員助教授、東京大学大学院医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス研究ユニット特任教授を経て、現在東京大学大学院医学系研究科臨床疫学システム講座特任教授および東京大学医学部附属病院検診部部長。日本循環器管理研究協議会理事。日本高血圧学会評議員。

関連リンク

http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-903835-52-5.html

上記内容は本書刊行時のものです。