版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ジァンジァン終焉 高嶋進(著) - 左右社
.

ジァンジァン終焉

発行:左右社
四六判
188ページ
並製
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-903500-66-9
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2013年12月
書店発売日
登録日
2012年9月25日
最終更新日
2013年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ねぶた祭に竹山を想い、恐山に寺山の姿をみる。
伝説の小劇場ジァンジァンの劇場主・高嶋進が描く、人生とは、死とは。魂の列島巡礼記。

目次

八十歳の朝だ
  竹山ねぶた
  恐山
  眠れない島
  雪

月に憑かれて
  甲斐駒ヶ岳
  高月山
  岩木山

甲斐駒に死す
  遠い日々
  空
あとがき

著者プロフィール

高嶋進  (タカシマススム)  (

1932年、新潟県生まれ。青山学院大学文学部卒業。
1969年渋谷ジァンジァン、77年名古屋ジァンジァン、80年沖縄ジァンジァン、83年座間味ジァンジァンを開設。
69年のオープン以来30年間、数々の俳優、歌手、音楽家たちに伝説的な舞台を提供し、多くの才能のデビューのきっかけを与え続けた劇場「ジァンジァン」の元劇場主。ことし4月、閉幕以来10余年の沈黙を破り『ジァンジァン狂宴』『ジァンジァン怪傑』(ともの左右社)を上梓した。

上記内容は本書刊行時のものです。