版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
都市と暴動の民衆史 藤野 裕子(著) - 有志舎
.

都市と暴動の民衆史 東京・1905-1923年

発行:有志舎
A5判
320ページ
上製
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-903426-98-3
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年10月
書店発売日
登録日
2015年2月9日
最終更新日
2020年7月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-09-26 毎日新聞  朝刊
評者: 加藤陽子(東京大学教授・日本近代史)
2016-02-07 東京新聞/中日新聞
評者: 平井玄(評論家)
2016-02-07 朝日新聞
評者: 原武史(明治学院大学教授・政治思想史)

紹介

1905年9月5日、日比谷公園に発した暴力の波は東京の街頭を激しく駆けめぐった。この日比谷焼打事件から米騒動にいたるまでの間、大都市では民衆暴動が次々と発生し、やがて関東大震災での朝鮮人虐殺という悲劇を迎える。日本社会が民主化・大衆化の方向に大きく転換するなかで、なぜ数々の暴力が湧きあがったのか。「男らしさ」というジェンダー規範にも注目しながら、20世紀初頭の日本社会の大転換を民衆史の視点から読み解き、民衆による暴力行使の文化とそれをめぐって変容する日本社会秩序との相互関係を明らかにする。

目次

序 章 都市暴動から何が見えるか
第一章 日比谷焼打事件の発生と展開
第二章 近代都市暴動の全体像
第三章 屋外集会の変転――日比谷焼打事件後から一九二〇年代普選運動まで
第四章 労働における親分子分関係と都市暴動
第五章 男性労働者の対抗文化――遊蕩的生活実践をめぐって
第六章 都市暴動と学歴社会――苦学生・高学歴者・不良学生グループ
第七章 米騒動とその後の社会
第八章 朝鮮人虐殺の論理
終 章 都市暴動とそのゆくえ

著者プロフィール

藤野 裕子  (フジノ ユウコ)  (

1976年生まれ、東京女子大学現代教養学部准教授

上記内容は本書刊行時のものです。