版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
吉野作造の国際政治論 藤村 一郎(著) - 有志舎
.

吉野作造の国際政治論 もうひとつの大陸政策

発行:有志舎
A5判
上製
定価 5,200円+税
ISBN
978-4-903426-51-8
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年2月
書店発売日
登録日
2011年12月15日
最終更新日
2012年2月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大正デモクラシーを言論でリードした吉野作造。だが、彼は帝国主義者、反帝国主義者、「帝国」論者と論じられ、評価は定まっていない。彼についての錯綜した評価がなぜ生まれたのか、そして本来は、どのような目的をもち、いかなる構想にあったのか。東アジア国際政治を背景とし、日付のある思想史を方法として、近代日本のリベラリズムの国際政治論が読み解かれる。

目次

序 章 吉野作造と現代の「希望」
第一章 吉野作造の国際政治論における基本原理と目標
第二章  「四海同胞主義」と「民族生存」論の登場―日露戦争より第一次世界大戦期―
第三章  「漸進主義」の矛盾―ワシントン体制編成期― 
第四章 日中提携論への統合―中国国民革命期―   
第五章  「根本の政策」の試練―満洲事変期―
終 章  「民族生存」=「四海同胞」のアジアへ

著者プロフィール

藤村 一郎  (フジムラ イチロウ)  (

久留米大学比較文化研究所研究員

上記内容は本書刊行時のものです。