版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
イラン現代史 吉村 慎太郎(著) - 有志舎
.

イラン現代史 従属と抵抗の100年

発行:有志舎
四六判
250ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-903426-41-9
Cコード
C1022
教養 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2011年4月
書店発売日
登録日
2011年3月11日
最終更新日
2019年9月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

現代世界のなかで無視できない存在となっている中東の大国、イラン。その現代史は欧米諸国への従属と抵抗に彩られている。19世紀から21世紀の現在まで、欧米列強のたび重なる介入と支配に対して、あるときはそれを受容し、あるいはまたそれに反発・抵抗してきたイランの歴史を平易に解説する待望の入門書。「イスラム原理主義国家」というイメージ先行の理解と異なる、この国の本当の姿と歴史のダイナミズムを描き出す。

目次

はじめに-「イラン現代史」を学ぶにあたって
序 章 「域内大国」イランの特異性
第1章 19世紀帝国主義時代下のイラン
第2章 立憲革命の展開と政治危機の深化
第3章 第一次大戦と戦後イランの混迷
第4章 レザー・シャー独裁王政の成立と変転
第5章 石油、冷戦と民族的抵抗
第6章 「改革」志向の独裁と米国、そして抵抗運動
第7章 革命、戦争と「党派対立」の激化

著者プロフィール

吉村 慎太郎  (ヨシムラ シンタロウ)  (

1955年生まれ。広島大学大学院総合科学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。