版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国抗日軍事史 菊池 一隆(著) - 有志舎
.

中国抗日軍事史 1937-1945

発行:有志舎
四六判
400ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-903426-21-1
Cコード
C1022
教養 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年3月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

強大な戦力と高い軍事技術をもった日本軍に、圧倒的に劣勢だった中国軍はいかにして勝利したのか。盧溝橋事件から日本敗戦までの日中戦争史を、中国現代史の視点から、その戦闘を中心にして多面的に論じ、新たな軍事史の姿を提示する。

目次

序 章
―強国日本は弱国中国になぜ敗けたのか―
第1章 日本軍攻勢段階の国民党戦場
       ―盧溝橋事件から武漢陥落まで―
第2章 日中対峙段階の国民党戦場と国共矛盾
       ―南昌会戦と第一次・第二次長沙会戦― 
第3章 太平洋戦争以降の国民党戦場と海外派兵
       ―国民政府軍の攻勢段階への転換―
第4章 国民党系特務の抗日テロ・ゲリラ
     ―「藍衣社」と「C・C団」―
第5章 毛沢東の遊撃戦構想と共産党戦場
第6章 世界華僑と抗日支援ネットワーク
第7章 抗日戦の背景とその基盤
       ―国民政府による「抗戦建国」路線の展開―
終 章
―中国勝利・日本敗戦の構造―

著者プロフィール

菊池 一隆  (キクチ カズタカ)  (

1949年生まれ、愛知学院大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。