版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
韓流・華流ブック 2010・春 K-POP TOWNの本編集部(編) - スタイルノート
.

韓流・華流ブック 2010・春 K-POP TOWN C-POP TOWNの本

A4変型判
縦210mm 横210mm 厚さ8mm
重さ 418g
98ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-903238-43-2
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年4月
書店発売日
登録日
2010年3月15日
最終更新日
2017年8月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 今回の表紙は、シン・ヘソン。シン・ヘソンといえば、東方神起の先輩格シンファのメンバー。特別インタビューを行いました。オリジナル写真でどうぞ。裏表紙を飾ってくれるのは、華流でトップの人気を誇るヴァネス・ウー。元祖F4として高い人気のヴァネス・ウーに編集部が迫る。テグン、ウ・ソンミン、イ・ジェファンにも特別インタビューを敢行。オリジナル写真を収載。その他、超新星、V.O.S、pixy、T-max、MBLAQ、チェ・ドンハ、イ・スンギとK-POPの最前線を取材。また、東方神起のジュンスも出演のミュージカル「モーツァルト」の監督とパク・コニョンへも取材。その他、「冬のソナタ」などでおなじみ、パク・ヨンハ、クォン・ヘヒョをはじめ、「猟奇的な彼女」で知られるチャ・テヒョン、その他チェ・ギュファン、コン・ユ、ソ・ドヨン、ユ・ジテ、イ・ソジン等々のイベントや会見を取材。台湾アイドルとして大人気の飛輪海からジローのイベントも取材掲載。

目次

●シン・ヘソン:スペシャルインタビュー
●シン・ヘソン:ライブレポート「SHOWCASE~Find Voice In Song~」
●テグン:スペシャルインタビュー
●ウ・ソンミン:スペシャルインタビュー
●イ・ジェファン:スペシャルインタビュー
●KARA:来日記者会見リポート
●「FNSチャリティ 韓国ミュージックフェスティバル2010」(超新星、V.O.S、pixy)
●V.O.S:イベントピックアップ「V.O.S. FIRST CONCERT ~Voice of Soul~」
●pixy:イベントピックアップ「pixy 2nd LIVE」
●T-max:会見リポート「Christmas LIVE

版元から一言

 春号の2大目玉記事。1つは、大人気の歌手シン・ヘソンさんへのインタビューです。東方神起の先輩にあたるイケメン6人組、シンファのメンバーとしても活躍しており韓流ミュージックシーンの牽引役としていまだに高い人気を誇っています。さらにこの春は日本オリジナルアルバムも発売。そのシン・ヘソンさんを表紙に取り上げ、オリジナルフォトとともにインタビューしました。もう1つの目玉記事は、中華圏を代表するスター、F4の1人、ヴァネス・ウーさん。映画に歌に大活躍中のヴァネス・ウーさんを、やはりオリジナルフォトとともに編集部がインタビューしました。その他にも、人気急上昇中のテグンさんやイ・ジェファンさんへのスペシャルインタビュー。超新星、V.O.S、pixy、T-max、MBLAQ、チェ・ドンハさん、イ・スンギさん等々のみなさんのイベントの様子を紹介。韓流ミュージックの今をお伝えします。俳優部門では、「冬のソナタ」でお馴染みクォン・ヘヒョさん、パク・ヨンハさんをはじめ、コン・ユさん、チャ・テヒョンさん、ソ・ドヨンさん、ユ・ジテさん、イ・ソジンさんを取り上げています。また、東方神起のメンバー、ジュンスさんが出演していることでも話題のミュージカル「モーツァルト」の監督と、出演者の1人、パク・コニョンさんに直撃インタビューを行いました。華流では、ビビアン・スーさん、飛輪海のジローさんのイベントや会見の様子をリポートしています。人気司会者、李由美さんの連載では超新星の楽しい話題も紹介されています。保存版の美しい写真と上質な紙で作られています。

著者プロフィール

K-POP TOWNの本編集部  (ケーポップタウンノホンヘンシュウブ)  (

韓流ブームのはるか前の2000年から韓国芸能情報を発信してきたWEBサイト“K-POP TOWN(http://www.k-poptown.jp)”のコンテンツ制作陣が中心となっています。現在では韓流だけでなく華流もカバー。来日する韓国や中華圏のアーティスト達をおっかけて東奔西走しています。一流カメラマンの素敵な写真と細かい情報を本とサイトの両方から発信しています。

上記内容は本書刊行時のものです。