版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
昭和二十一年八月の絵日記 山中和子(著) - トランスビュー
.

昭和二十一年八月の絵日記

B5判
64ページ
上製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-901510-01-1
Cコード
C0000
一般 単行本 総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2001年8月
書店発売日
登録日
2011年6月29日
最終更新日
2011年6月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 失われた言葉づかい、季節の移ろいを捉える繊細な感受性。懐かしい家族の情景、遊び、学校、夏祭り・・・子どもの鋭い眼と巧みな手によって、敗戦後一年目の夏がよみがえる。
 当時小学校五年生が描いた、夏休みの絵日記を原寸大のカラーで再現。

前書きなど

〈養老孟司・解説より〉
 いまでは、そういう時代もあった、というしかない。
 この日記がかかれた年に、私は著者より二つ年下で、小学校三年生だった。だからというべきか、ところがというべきか、この時代の記憶は 鮮明に残っている。些細な違いを言い立てるなら、昭和二十一年に、私の家では、母親がデパートに買い物に行ったりすることはなかった。デ
パートなどというものが、この世にあるという知識も関心も私にはなかった。母は開業医で忙しかったから,それも当然であろう。しかも鎌倉 の町の中でも、牛馬がまだ多かった。本を読みながら歩いていて,何かにぶつかったからと頭をあげると,目の前に馬の長い顔があった。飼い
葉桶につまずいたのである。いまとなっては、そんな出来事が私の人生にあったとは、ほとんど信じがたい。
 この日記を見ていると, 過去のさまざまなことが思い出されてくる。この時代から考えると現代は・・・

著者プロフィール

山中和子  (ヤマナカカズコ)  (

1935年、神戸市生まれ。昭和19年(1944)より学童集団疎開で岡山県落合村へ。よく20年(1945)6月、神戸の家が空襲罹災のため疎開地を去り、丹波地方に遠縁を頼り母親と二人で転居。翌年8月終戦を迎え、昭和21年(1946)神戸の高羽小学校へ戻る。鷹匠中学校、県立神戸高校に在学中の6年間、新制作派協会の小松益喜氏にデッサン、油絵の指導を受ける。1959年、女子美術大学芸術学部洋画科を卒業。1960年より岡山県に在住。

上記内容は本書刊行時のものです。