版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
続・自閉症の僕が跳びはねる理由 東田直樹(著) - エスコアール
.

続・自閉症の僕が跳びはねる理由 会話のできない高校生がたどる心の軌跡

A5判
150ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-900851-59-7
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
絶版
初版年月日
2010年10月
書店発売日
登録日
2010年9月6日
最終更新日
2016年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

発行と同時に大反響をもたらした前作「自閉症の僕が跳びはねる理由」あれから3年、中学生だった著者も高校生になり「恋愛について」「仕事について」「勉強について」など高校3年生の「今」、60以上の質問に答えます。

目次

はじめに

第一章 コミュニケーション
1.口から出る言葉に意味はありますか?/2.話をする相手が誰かわかりますか?/3.声をかけても気がつかないのはなぜですか?/4.話し言葉は外国語を話す感じに似ていますか?/5.自分から要求することは難しいですか?/6.筆談で自分の気持ちが書けるのはなぜですか?/7.幼い頃欲しいものがあるときはどうしましたか?/8.文字盤を見ているときには何を考えていますか?/9.いつも文字盤を持っていますか?/10.言葉を自由に使えないことをどう思いますか?

【詩】アジサイ

第二章 感覚
11.見ながら聞くことは大変ですか?/12.物の見え方に違いはありますか?/13.ウォークマンを聴くことで落ち着けますか?/14.乗り物に乗ったときはどんな気分ですか?/15.何でも口に入れてしまうのはなぜですか?/16.写真を撮られるのは苦手ですか?/17.どんなときに安らげますか?

【詩】なにぬねの

第三章 時間 
18.時間についてどう思いますか?/19.時間で区切るのは困りますか?/20.時間がわかれば先を見通せますか?/21.一日のスケジュールについてはどうしていますか?/22.カードでのスケジュール提示はどうですか?/23.カレンダーに予定は書き込みますか?

【詩】虹の中の黄色

第四章 行動 
24.こだわりはやめられませんか?/25.反復行動はやめられませんか?/26.じっとしていられないのはなぜですか?/27.注意されてもやめられないのはなぜですか?/28.集中したときにはどうなりますか?/29.迷子になるのはなぜですか?/30.指示がなければ動けないのはなぜですか?/31.すぐに行動できないのはなぜですか?/32.時々ぼーっとしているように見えるのはなぜですか?/
33.跳びはねるのはなぜですか?

【詩】トンボが死んだ 

第五章 興味・関心 
34.お手伝いはできますか?/35.植物のどんなところに関心を持ちますか?/36.カレンダーが好きな理由は何ですか?/37.辞典や広告などをじっと見るのはなぜですか?/38.「おかあさんといっしょ」の番組はおもしろいですか?/39.余暇はどんなことをしていますか?/40.バンドエイドをすぐに貼りたくなるのはなぜですか?

【詩】スッとした 

第六章 感情・思考 
41.気持ちと感情についてどう思いますか?/42.どのようなことで感動しますか?/43.予想外のことが起こるとどうなりますか?/44.笑い出すのは気持ちが楽しいときですか?/45.「すぐにできる」ことと「できない」ことの違いはなんですか?/46.「ここで待って」は伝わりにくいですか?/47.自己嫌悪に陥ることはありますか?/48.どんなときが幸せですか?/49.記憶のしかたはどうですか?/50.情報を収集して問題を解決することはできますか?/51.失敗したことを思い出し次に生かすことはできますか?

【詩】白い犬 

第七章 援助 
52.指示に従えないのはなぜですか?/53.目で見てわかりやすい環境づくりは大切ですか?/54.居心地が良いのはどのような場所ですか?/55.カードの選択方法で良い例はありますか?/56. 一緒にいるときにはあまり話しかけない方がいいですか?/57.大騒ぎするときはどうしたらいいですか?/58.パニックになったときはどのようにして欲しいですか?/59.問題行動を起こしたときに無視されることはどう思いますか?/60.注意されたときはどんな気持ちですか?/61.されて嫌なことはなんですか?/62.どのような援助をして欲しいですか?

【詩】なぜだろう 

第八章 今、そしてこれから 
物語を書く/勉強について/スクーリングで感じたこと/仕事について/講演会について/他の障がいを持つ人たちとの交流/恋愛について/人間愛について

おわりに ―思いを書くこと―

【詩】春色のリボン

前書きなど

はじめに

この本は「自閉症の僕が跳びはねる理由」の続編です。
「自閉症の僕が跳びはねる理由」を出版したとき、色々な方からご意見をいただきました。
その中で、僕が当たり前に思っていたことが、普通の人にとっては意外なことも多いということを知りました。
僕は、自閉症の世界が特別だと思ってはいません。
僕たちもこの地球で人として生まれ、みんなと同じ場所で生きています。
ただ、みんなとは様々なことが少しずつ違うだけなのです。
それは、国が違えば、文化や習慣が違うことと似ているかも知れません。
僕は、自閉症の人のことをもっとわかって欲しいのです。
見かけだけでは、自閉症者の本当の姿は、理解できないのではないでしょうか。
もちろん、この本に書いていることが、全ての自閉症者に当てはまることだとは思っていません。
「自閉症の僕が跳びはねる理由」は、中学生だった僕が、感じたことや考えたことを書いたものです。その後、僕は通信制の高校に入学し、この春、高校3年生になりました。
僕は、今も人と会話ができません。
自閉症という障がいを抱えて生きています。
自閉症という障がいについて、どんなふうに感じているのか、中学生の頃と比べて変わった点、変わらなかった点、色々あります。
それを踏まえて、高校生になった現在の僕が持っている思いを、聞いていただけたらと思います。
この社会は、たくさんの人々で構成されています。
その中で自閉症者も生きているのです。
そのことを、いつも少しだけ気にかけてくだされば、自閉症者にとって、今よりずっと生きやすい世の中になるのではないでしょうか。
東田直樹

著者プロフィール

東田直樹  (ヒガシダナオキ)  (

東田 直樹(ひがしだ なおき)
1992年生まれ。現在高校3年生。
1998年に児童相談所にて「自閉傾向」との診断を受ける。
第4回・5回「グリム童話賞」中学生以下の部大賞受賞をはじめ、受賞歴多数。
童話、詩集・エッセイなど多数の著書があり、テレビや新聞など、各メディアで取り上げられ、注目を集める。

上記内容は本書刊行時のものです。