版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
農業のある安全快適都市-日本 東 正則(著) - 農林統計出版
....
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

農業のある安全快適都市-日本 (ノウギョウノアルアンゼンカイテキトシ-ニホン)

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
208ページ
並製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-89732-231-5   COPY
ISBN 13
9784897322315   COPY
ISBN 10h
4-89732-231-6   COPY
ISBN 10
4897322316   COPY
出版者記号
89732   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年11月
書店発売日
登録日
2011年11月8日
最終更新日
2015年9月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

このままでは、都市から農業が消えてしまう!日本の都市は農業を抱えていることで、安全と快適さを保ち続けられる。なぜ都市に農業が必要なのか、これからどう守っていけばいいのか。ポスト都市化時代の都市的視点からの都市農業保全論。

目次

第一章 なぜ本書を書かなければならなかったのか
第二章 今なぜ都市の農業が問題なのか
 (一 都市化の終焉を機に新しい対応が必要ではないか /二 都市の破綻への対応が必要ではないか/三 都市農業の行き詰まりの打開が必要ではないか/四 農業固有の機能の活用が必要ではないか)
第三章 都市と農業はなぜ反目し合うのか
 (一 なぜ日本の都市に農業があるのか/二 都市計画の中で農業はどのように位置づけられてきたか/三 都市での農業の否定に意味があるのか)
第四章 都市に農業が必要か
 (一 都市には固有性が必要ではないか/二 現行都市計画の矛盾に対応する必要があるのではないか/三 日本の都市の特殊事情を考える必要があるのではないか/四 都市住民の意識の変化を考える必要があるのではないか)
第五章 では誰が本当に都市で農業を必要としているのか
 (一 農家側は本当に農業を残したいのか/二 都市住民側は本当に農業を残したいのか/三 都市計画側は本当に農業を残したいのか)
第六章 都市における農業の保全理論は妥当か
 (一 農家の生存権保障論は必要か/二 安全な生鮮野菜の供給論は有効か/三 農業の多面的機能論は農業の保全に役立つか/四 農家あっての農業論は維持できるか)
第七章 相続による都市農地の減少要因はなにか
 (一 相続税の課税財産と相続人はどうなっているのか/二 相続はどのようになされるのか/三 相続によって都市農地はどのように減少してゆくのか/四 相続による都市農地の減少は食い止められないのか)
第八章 都市に農業を残す対応ができているのか
 (一 農家側は生活再建態勢を整えたのではないか/二 都市住民は他力本願すぎないか/三 都市計画側は危機意識が不足していないか/四 都市にあるべき農業への方向性はあるのか)
第九章 共存的な都市における農業を考えてみよう
 (一 都市農業の多様な展開を考えよう/二 コミュニティ農業の育成を図ろう)
第十章 共存的な都市と農業の実現を考えてみよう
 (一 相続に伴う農地減少を食い止めよう/二 都市住民の新しい農業参加をすすめよう/三 都市的必要性から農地保全を考えよう/四 都市的必要性からの農業助成をしよう/五 まちづくりとして農業を考えよう/六 都市の農業委員会を生まれ変わらせよう)
第十一章 補論―市街化区域周辺農業地帯を見直してレジャー農業を展開しよう―
 (一 なぜ市街化区域周辺農業地帯の見直しなのか/二 市街化区域周辺農業地帯の特徴とは何か/三 市街化区域周辺農業地帯を新しい農業地帯として認知しよう/四 市街化区域周辺農業地帯でレジャー農業の導入を図ろう/五 レジャー農業の展開をまちづくりとしてすすめよう/六 ポスト都市化時代の「集落地域整備法」でレジャー農業を展開しよう/七 景観法の「景観農振整備計画」を活用してレジャー農業を展開しよう/八 農業のある安全快適都市を堅持しよう)

著者プロフィール

東 正則  (アズマ マサノリ)  (

1943年北海道生まれ。
農学博士(東京大学)、工学博士(工学院大学)、
法学士(中央大学)。
一級建築士、宅地建物取引主任者。

上記内容は本書刊行時のものです。