版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
米生産調整の経済分析 荒幡 克己(著) - 農林統計出版
.

米生産調整の経済分析

A5判
532ページ
上製
定価 5,400円+税
ISBN
978-4-89732-197-4
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年8月
書店発売日
登録日
2010年6月2日
最終更新日
2015年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

日本農業経済学会 学術賞(2011年度)

紹介

約40年間にわたる米の生産調整政策。本書が意図するのは、その経済学的な意味を焙り出すことである。経済理論に則った応用分析を駆使しつつ、これまでの見方への再認識を迫り、新たな政策の基本方向を提示する。

目次

 序 章 米生産調整政策の性格
 第1章 米生産調整の歴史的経緯と現状
 第2章 世界の農政から日本の米生産調整を見る
 第3章 公共経済の視点から米生産調整を見る -余剰分析とSTC分析による接近-
 第4章 私経済の視点から米生産調整を見る -カルテル論的考察-
 第5章 米生産調整を廃止した場合の市場均衡分析
 第6章 政策手段の選択 -同水準の農業保護を前提とした政策の手段の妥当性-
 第7章 直接支払と財政負担の計測
 第8章 選択制減反
 終 章 結論

著者プロフィール

荒幡 克己  (アラハタ カツミ)  (

1954年埼玉県生まれ。1978年東京大学農学部卒。同年農水省入省。1996年岐阜大学農学部助教授。1999年岐阜大学農学部教授。現在に至る。この間、2002-2003年、アデレード大学経済学部客員研究員。2006年、メリーランド大学農業政策研究センター客員研究員

上記内容は本書刊行時のものです。