版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
島嶼におけるさとうきび生産 菊地 香(著) - 農林統計出版
.

島嶼におけるさとうきび生産 その経営方式とバイオマス利用

A5判
170ページ
並製
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-89732-160-8
Cコード
C3061
専門 単行本 農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年2月
書店発売日
登録日
2015年9月8日
最終更新日
2015年9月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

沖縄農業の基幹であるさとうきび。そのさとうきび生産が先細りになっている。本書は、島ごとにさとうきびの増収には何が必要かを示す。沖縄にとって、さとうきび生産の安定化は、島の産業の安定につながる。経営分析が指摘する増産のための辛口処方箋。

目次

 序 章  
 第1章 本土復帰後の農業生産の推移 
 第2章 沖縄県のサトウキビ生産の動向
 第3章 機械化 一貫作業体系の肥培管理によるサトウキビ生産の実態 -北大東島を事例に- 
 第4章 島嶼地域のサトウキビ肥培管理のあり方と単収の関係 -生産量減少傾向の北大東島を事例に-
 第5章 集中脱葉施設導入後の伊是名村における地力維持とサトウキビ生産
 第6章 宮古島におけるサトウキビの肥培管理の実態と単収 -宮国集落を事例として-
 第7章 宮古島におけるバイオマスの農業への利活用の可能性
 第8章 八重山地域におけるサトウキビ農家のバイオマス利用の実態
 終 章

著者プロフィール

菊地 香  (キクチ コウ)  (

琉球大学農学部助教

上記内容は本書刊行時のものです。