版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
増補 日本人は魚を食べているか 秋谷重男(著) - 北斗書房
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次: ニ|地方小
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

増補 日本人は魚を食べているか (ゾウホ ニホンジンハサカナヲタベテイルカ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:北斗書房
A5判
149ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-89290-017-4   COPY
ISBN 13
9784892900174   COPY
ISBN 10h
4-89290-017-6   COPY
ISBN 10
4892900176   COPY
出版者記号
89290   COPY
Cコード
C3062  
3:専門 0:単行本 62:水産業
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2007年10月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2024年4月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は2006年、姉妹会社「漁協経営センター出版部」から刊行された同名の書を底本とし、増刷にあたり新たに2章を加えて増補版とし、出版も北斗書房に変えて発行した物です。

目次

【第1章】この国には、魚をよく食べる人々と、魚をあまり食べない人々がいる

【第2章】生鮮マグロと生鮮イカにみる共通性と差異性

【第3章】地魚や雑魚・小魚の流通・消費の行方

【第4章】生鮮品目の大半に、世帯主世代間での購入段差・断層がある

【第5章】生鮮イワシと生鮮ブリの購入断層を吟味する

【第6章】ひとり勝ち生鮮サケの普及と浸透の方向

【第7章】塩干魚介や練り製品でも、世代間の購入段差・断層はあるのか

【第8章】外食・中食での「すし」支出と世帯主の年齢階層

【第9章】調理食品「うなぎの蒲焼」は、誰が買っていくのか

【第10章】「天ぷら・フライ」と「サラダ」から

【第11章】「冷凍調理食品」需要は、この国の漁業・水産業を支えられるか

【第12章】総括と展望・この国の魚介消費は分裂し、曲り角にある

【第13章】冒頭の問いかけに戻って、数値と表にひそむ物語を読む

【第14章】魚食の世代間変化から流通・消費対策を考える

【第15章】収入の階層差は、魚介購入量の多少に影響するか
1.収入の格差と魚介購入量の格差について/2.購入序列にみるネジレ現象の拡大/3.ネジレ現象の背後にあるもの/4.個々の魚種・品目と収入の格差について/5.最低の収入階層Ⅰに集まる最多購入魚種・品目
【第16章】2004~2006年のデータによる現状確認と将来課題
1.05~06年のデータ追加による生鮮魚介購入の現状/2.塩干魚介も同じ傾向にあることを確認する/3.外食・中食における魚介関連支出で確認できること/4.この先に何が待っているのか  

前書きなど

【はじめに】
 この国では、平均して年間1人当たりラウンド(尾頭・内臓・骨つき)で65kg前後、可食部分に換算して35㎏前後の魚介類が食用として、消費に向けられている。アイスランドやグリーンランドの人々は、1人当たり日本よりも沢山の魚介を摂取すると言われている。しかしながら、老若・男女合わせて127百万人が、平均して粗食料で60㎏以上の魚介類を食卓に乗せているような国は、日本以外に見当たらない。この国は、世界有数の魚介消費国であり、日本人は、魚をよく食べる人達として知られている。
 本書は、その、魚をよく食べると言われる、平均的日本人像の分裂を扱っている。すなわち、この国の消費者は、最近では、魚をよく食べる人々と、魚をあまり食べない人々とに分裂しつつあり、魚食は曲がり角にあるという事実を明らかにしようとしている。

 本書の各章で述べているところを要約すれば、次のようである。
 1)最近の1/4世紀をつうじて、日本の食生活には、魚介類の購入量や支出額で段差や断層が現れている。
 2)この段差や断層は、家庭内食として購入される生鮮魚介類にとどまらず、水産加工品、調理食品、外食にいたるすべての分野で起こっている。
 3)段差や断層は、目下のところ、収入の差を軸にして、より強く進行している。
 4)世代の差を軸にした段差や断層は、世帯主年齢で団塊の世代以上に属する「魚をよく食べる日本人」の人口減少が顕著化した時点から、魚食全体の需要に停滞をもたらしている。
 5)現在、世帯主年齢階層で50歳未満に属する「魚をあまり食べない日本人」が、総人口の中で、より多数派を形成するにつれて、この国の魚介類購入量や支出額は、トータルとしても、また1人当りでも、減少の速度を速めるだろうと予想される。
 6)魚介類の購入量や支出額を巡る段差や断層は、生産者価格や産地での取引価格に影響する。この国の漁船漁業や養殖漁業は、輸入水産物の大量流入によって困難な状況に立たされているが、それにとどまらず、消費面での魚食の分裂に直面している。したがって、この魚食の分裂を最小限にとどめるための流通対策、消費対策が望まれるところである。

 輸入水産物の増加と自給率の低下が進むなか、それでもこの国の漁業・養殖業は、年間600万トン前後の水揚げを果たしてきている。日本周辺をとりまく海洋とその資源は、管理よろしきを得れば、持続的な水産物の供給を約束する。自国の沿岸や沖合に豊富な食料資源が確保されていて、それを有効利用するということは、遠方からエネルギー・コストの嵩む食料の大量輸入に依存するよりも、21世紀にふさわしい食のあり方だといえる。
 それにつけても、若い世代から中年世代までが「魚をあまり食べない日本人」に移行しつつあることは、国の食料政策としても、地域の産業政策としても、抜本的な対策が必要な局面にさしかかっていると考える。魚介類と食に関心のある多くの方々に読んでいただければ幸いである。
 この「はじめに」は、初版に際して2006年7月に書いた。今回、増補の機会を得て、消費者の収入格差と魚介購入の多少に言及した章と、05~06年の最近データを追加した分析の章との、二つを加えた。初版の際には、まだ兆候の域にあった「魚をあまり食べない日本人」の存在が、著者の当初の推測を超えて、急速に広がりつつあるのを感じている。

著者プロフィール

秋谷重男  (アキヤシゲオ)  (

1930年 東京に生まれる
1954年 埼玉大学文理学部卒業
    財団法人・水産研究会研究員を経て、埼玉大学経済短期大学部教授(流通論・都
    市政策論を担当)
1991年 同大学を退職、現在同大学部名誉教授 

上記内容は本書刊行時のものです。