版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サイクリング・ユートピアーフランク・パターソン画集 フランク・パターソン(画) - 文遊社
.

サイクリング・ユートピアーフランク・パターソン画集

発行:文遊社
128ページ
上製
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-89257-078-0
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年2月
書店発売日
登録日
2013年3月20日
最終更新日
2013年3月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-05-12 朝日新聞
評者: 北澤憲昭(美術評論家)
2013-03-17 毎日新聞

紹介

世界中のサイクリストを魅了したサイクリング・ユートピア
~神の手が描いた、古き良き時代のイギリスの田園風景と自転車で遊ぶ人びと~

夢見るサイクリストに捧ぐ

古き良き時代のイギリスの田園とサイクリングをこよなく愛し、自ら自転車に乗ってその様々な情景を飽くことなく描き続けたパターソン。彼の 自然とサイクリングに対する並々ならぬ愛着と造詣は、天性の技量と相まって、生涯2万数千点ともいわれる比類なきペン画を生み出した。美しく、かつ精緻に描写された19世紀末から20世紀中庸のイギリスの豊かな田園風景や古風な建物は、100年を経た今なお、風雪に耐えて嘗ての面影を留める場所も少なくない。本国はもとより、世界中のサイクリストたちに、そして自転車に乗らない人々にとっても、パターソンのペン画は、そこはかとない郷愁や憧憬を抱かせる。

著者プロフィール

フランク・パターソン  (フランク・パターソン)  (

1871年、イギリスの港町ポーツマスに生まれる。父親は海軍将校であり、年の離れた兄二人も家系に従い海軍に入隊していたが、パターソンは幼い頃から自然やスケッチを好み、地元の美術学校に入って絵を学んだ。 1890年頃、画家を目指してロンドンに出るが志を得ず、しばらくは広告スタジオに勤務して家具や建物のイラストを描いて生計を立てた。このサラリーマン生活の余暇に、当時流行の自転車に乗って郊外の田園や村々をサイクリングするようになった。間もなく、雑誌『Cycling』に送ったペン画が当時の編集者ウォルター・グローブズに認められる。以後、同誌のほぼ毎号、後にはサイクリング・ツーリスト・クラブ(CTC)の雑誌『CTC Gazette』などに、60年近くにわたって多数のペン画を描き続けた。 1895年、最初の妻エミリ・ルイザ・ギャモンと結婚。1898年、サセックス州の片田舎に廃屋同然だった“ペア・ツリー・ファーム(Pear Tree Farm)”を見つけ、修繕して移り住む。この電気も水道もないファームでの自給自足的生活が彼の終生の基盤となり、仕事場となった。1906年、膝に怪我を負い、自転車に乗れなくなるが、写真や資料、そして、かつての記憶をもとに描くペン画への情熱は衰えることはなかった。1920年、二女を残して妻エミリ病死。1921年、前妻の家政婦として雇っていた若い地元女性アグネス・ゴードンと再婚。彼女はのちに二男をもうける。1934年、通信課程の美術学校を始める。1945年、サイクリングに対する長年の功績により、“ビドレイク記念銘板”(Bidlake Memorial Plaque)を贈呈される。 1948年、テンプル・プレス社は、1893年以降『Cycling』、『The Motor』、『The Light Car』に掲載された5000点におよぶ作品のなかから150点を選び、『パターソン・ブック』として出版した。また、サイクリングに関する人物名鑑 『The Golden Book of Cycling』に彼を収録した。 1952年、生まれ育ったポーツマスにほど近いチチェスターのセント・リチャーズ病院にて死去。享年81歳。

上記内容は本書刊行時のものです。