版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
無辜の人たち-被差別の蒼氓から- 山村 勉(著) - サンライズ出版
.

無辜の人たち-被差別の蒼氓から-

四六判
223ページ
上製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-88325-439-2
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年1月
書店発売日
登録日
2011年1月12日
最終更新日
2011年7月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

差別や貧困、疎外は社会から逸脱する人間を生み出すこともあるが、私の裡には「そうではない、部落の人間は、ほとんどが無辜なのだ」そんな想いが強くあったからです。――タイトルと同じ「無辜の人たち―被差別の蒼氓から―」を含む(社)反差別国際連帯解放研究所しがの情報誌「RILIANS」を始めとする冊子に掲載されたものと、子どもの頃からの経験や教員生活での体験をモチーフにした3点の短編からなる。

目次

第一部
 坂口安吾『風と光と二十の私と』
 『エレクトラ』に寄せて
 健次と正秋
 夜間高校にて
 無辜の人たち
第二部
 部落教師のつぶやき―部落問題学習に寄せて
 一つの古文書から―宮津藩政記録より
第三部
 オサ公
 桃色の家
 指
あとがき
 

前書きなど

まったく父は、多少、雨が降って天候が悪くても現場まで仕事があるかどうかと出かけて行く人でした。酒の類もほとんど口にせず、ひたすら家族のため、子どものためにと、働きづめの「土方」人生だった。仕事をやめた頃には長年の過酷な労働が祟って身体はボロボロになっていた。私はこのような父を無辜の被差別部落の人間を絵にしたような人だったと自負している。
――第一部 無辜の人たちから

著者プロフィール

山村 勉  (ヤマムラ ツトム)  (

1951年、滋賀県の被差別部落に生まれる。高校教員。

上記内容は本書刊行時のものです。