版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
恵子が輝いた 奥野 真人(著) - 草風館
.

恵子が輝いた ダウン症児とともに生きる芸能一家の記録

発行:草風館
四六判
232ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-88323-125-6
Cコード
C0125
一般 文庫 地理
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2002年5月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ダウン症の恵子とともに生きる芸人一家のありのままの生活を密着報告。「家族とはなにか、生きるとはなにか、障害とはなにか」を考えてほしいと、芸人一家は訴えている。「ある意味では障害児(者)に対し最も偏見を持っているのはその親かもしれない」ともいう。

目次

この本の出版にあたって/  「ダウン症」とは何か 
第1部 家族の絆 夫婦  
 ◎斎藤美恵子(柏穂藤雪) 
 ◎斎藤廣美(本城勝真) 
 ◎出会いと結婚 
第2部 家族の絆 兄と姉たち
 ◎斎藤 恵(柏穂藤月) 長女 
 ◎斎藤光司 長男 
 ◎斎藤弓子(柏穂藤花) 次女 
 ◎斎藤恵子 三女 
第3部 恵子の誕生と闘病生活
 ◎恵子誕生 
 ◎八年間にもわたる恵子の闘病生活――先天性心疾患 
第4部 風の祭典
 ◎「風の祭典」は恵子の生きがい 
 ◎「風の祭典」の目指すもの 
 ◎「風の祭典――恵子と共に」を広島でやってみて 実行委員長・末岡幸子 
 ◎「風の祭典 恵子と共に」活動経過と計画   
 ◎真の福祉を目指して 
第5部 特別座談会/ダウン症児をもつ親の本音…
 ダウン症児に対する教育の現状/特殊学級の閉鎖性をなくすこと/異質なものを認める心を培う/まずは仕事をさせてみてから判断してほしい/親が子供の可能性を奪っているかも……/真の「共生」とは何かを考えてほしい

前書きなど

私たち家族は、天使からの贈り物の恵子を通して、人類に貢献するチャンスをいただいた。「風の祭典」を見た人は恵子の発する無言のメッセージから「憤りを起こす」。感動・感激・やる気・根性・勇気・命の尊さ・やさしさ・思いやり・愛という憤りを……。だから、この公演を世界中の人に観ていただき、幸福になってもらう。それが恵子を授けていただき、人生の大切さは何かを教えてもらった、我々家族の感謝であり、やり続けることが、いつまでも恵子と共に生きていられることにつながるから……。恵子がこれからも我々に与え続けてくれる愛を、世界中の人とわかち合うために!(本文より)

版元から一言

障害をもっても「普通の子」だから可能性を伸ばしたい

著者プロフィール

奥野 真人  (オクノ マサト)  (

1945年札幌市生まれ。人物往来社、秋田書店(手塚治虫氏担当)などで編集業務を行う。退社後、フリージャーナリストとして、主に小学館の雑誌(『教育技術』『SAPIO』)などに教育記事を執筆。『体当たり子直し』『元気と勇気とやる気がわき出る本』(ともに小学館刊)『僕たちはいらない人間ですか?』(扶桑社刊)などの本の構成を手がける。

関連リンク

本書
草風館

上記内容は本書刊行時のものです。