版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
頭痛・頸部痛のためのマッサージセラピストガイド サンディ・フリッツ(著) - 産調出版
.

頭痛・頸部痛のためのマッサージセラピストガイド

発行:産調出版
B5変型判
縦246mm 横189mm 厚さ11mm
重さ 380g
168ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-88282-798-6
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年7月
書店発売日
登録日
2011年6月8日
最終更新日
2011年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

マッサージ分野で世界的権威の著者による、セラピストのためのガイドブック。一般的な頭痛のタイプと頸部痛の原因、それらに有効な治療的マッサージ手順、適切な治療法を選択するための痛みの評価法などを収録。豊富な調査とエビデンスに基づいた内容。適切な治療法を選択・提供する際に役立つ、実用的なDVD(約50分)付き。

目次

監修者序文/まえがき
第1章
 頭痛のタイプと、首の痛みと機能不全
  概要/頭痛(頭痛の人口分布/頭痛を発現しやすくするもの)/頭痛のカテゴリー(安全を第一に/一次性頭痛)/頸部痛(首の解剖学的構造/首の筋肉構造)/まとめ(追加情報/参考文献)
第2章
 頭痛・頸部痛の発生のしくみと、深刻な状態の兆候と見られる痛み
  概要/頭痛の原因因子(呼吸パターン異常/血管性頭痛の原因に関する理論/血管性頭痛の引き金となるもの)/筋、軟部組織の収縮―緊張性頭痛(原因)/頸部痛/より深刻な状態の兆候と見られる痛みとは?(頭痛/参考文献/推薦文献)
第3章
 頭痛・頸部痛の治療法と、マッサージ適用の影響
  概要/診断プロセス(病歴の確認/診察/診断に用いる画像/診断プロセス)/医学的治療/筋、軟部組織の収縮―緊張性頭痛(慢性の筋収縮性頭痛のための非薬物療法)血管性頭痛の治療(薬物治療/血管性頭痛のための非薬物療)頸部痛の治療(薬物治療/手術/非薬物療法/推薦文献)
第4章
 痛み
  概要/痛みとは?/痛みの原因と分類(末梢神経/脊髄/脳)/痛みの感覚/急性痛と慢性痛/痛みの心理社会的要因(マッサージと痛み)/痛みの評価/痛みの治療(薬物を使用しない、痛みの治療)/マッサージと疼痛管理(疼痛管理のためのマッサージ法/参考文献/推薦文献)
第5章
 マッサージを治療と認める
  概要(研究内容)/研究が示唆すること(一般的なマッサージの効果と安全性/治療の効果/ストレス、不安、うつ/頭痛と頸部痛に関係している腰痛の研究/マッサージと頭痛・頸部痛の具体的研究/論理的帰結(参考文献/推薦文献)
第6章
 痛みの評価法と選択的介入治療
  兆候と症状/評価プロセス(痛みの評価/質問表/痛覚計/交差症候群/筋の機能/触診技術/皮膚の評価と触診/神経筋テクニックでの評価と治療法)/筋衰弱と発火機序のテスト/呼吸機能の評価(HVS<過換気症候群>/BPD<呼吸パターン異常>のための方策と治療順序例/呼吸再教育の成功例/参考文献/推薦文献)
第7章
 マッサージとの併用により役立つ手技
  結合組織に焦点を当てた療法(組織移動メソッド)/神経筋テクニック(NMTの基礎/NMTの応用/NMTの実習:指と母指のストローク)/トリガーポイント・メソッド(活性と潜在性のトリガーポイント/萌芽期のトリガーポイント/アタッチメント・トリガーポイントとセントラル・トリガーポイント)/マッスルエナジー・テクニック(マッスルエナジー・テクニック概論/METの実習<Goodridge & Kuchera 1997,Greenman 1996>/MET―よくある間違いと禁忌/脈動的MET<Ruddy1962>)/ポジショナル・リリース・テクニック(ポジショナル・リリース・テクニックの実習/PRTの主な特徴/PRT使用へのガイドライン/ストレイン&カウンターストレイン<SCS>の段階的プロセス)/統合的神経筋抑制(トリガーポイントの不活性化のための)/スプレー&ストレッチ冷却法/統合的治療戦略(参考文献)
第8章
 治療的マッサージによる頭痛と頸部痛の治療
  概要/マッサージ治療(結果重視のマッサージ/マッサージを表現する/タッチの質/マッサージの施し方/マッサージ手法の構成要素/関節運動法)/頭痛と頸部痛の治療的マッサージに特異なプロトコル(呼吸機能不全をターゲットとする/治療/特定のリリース/頭痛のための特定のマッサージ法/急性頸部痛のマッサージ治療/全身マッサージ/再評価/マッサージと、頭痛・頸部痛の予防/参考文献/推薦文献)
第9章
 頭痛・頸部痛のための補助療法:ほかに知っておくべきことと役立ちそうなこと
  適応についての再確認/一般的な適応の進行/何が役に立つのか

著者プロフィール

サンディ・フリッツ  (

理学修士(MS)、全米治療マッサージ・ボディワーク認定委員会会員(NCTMB)。ヘルス・エンリッチメント・センターのオーナー、センター長兼教育長。注意障害・多動性障害、不安症、抑鬱症、倦怠感および疼痛管理など、メンタルケア治療に重点を置くほか、ストレス管理マッサージからリハビリテーション・ケアまで、あらゆるマッサージを提供。また、学生マッサージ・クリニックを開設し、監督にあたっている。著書に『ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ』があるほか、『筋骨格系の触診マニュアル』(いずれも産調出版)の寄稿者でもある。

レオン・チャイトー  (

自然療法士(ND)、オステオパシー医(DO)。欧州、アメリカ、カナダ、オーストラリア各地にある多数のカイロプラクティック、理学療法、オステオパシー、自然療法の学校で出張講義を開く。著作および編集作は70冊を超え、著書『ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ』のほか、『筋骨格系の触診マニュアル』(いずれも産調出版)にも寄稿している。ウエストミンスター大学で治療ボディワークおよび自然療法の専任講師兼モジュール・リーダーを11年間務め、2004年に退任。2005年11月には、「補完療法およびオステオパシー療法への献身」が評価され、大学の名誉特別研究員の称号が授与された。

高田治実  (タカダ ハルミ)  (総監修

医学博士(昭和大学医学部)。帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科教授。専門分野は、補装具学、切断の理学療法学、運動療法学、運動療法の阻害因子に対する即時的治療法の研究。著書に『マイオチューニングアプローチ入門』(協同医書出版社)、監修書に『理学療法士のための臨床測定ガイド』『最新カラーリングブック 筋骨格系の解剖学』『ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ』(いずれも産調出版)がある。

松葉潤治  (マツバ ジュンジ)  (監修

広島大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業。帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科講師。共監修書に『理学療法士のための臨床測定ガイド』『最新カラーリングブック 筋骨格系の解剖学』『ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ』(産調出版)。

井口智子  (イグチ トモコ)  (翻訳

大阪外国語大学外国語学部第二部英語学科卒業。訳書に『骨を強くするエクササイズ』『美しい肌の本質』、共訳書に『フローラ』(いずれも産調出版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。