版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
愛の行為 コリンヌ・アマール(著) - 彩流社
.

愛の行為
原書: L'ACTE D'AMOUR

発行:彩流社
四六判
231ページ
上製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-88202-922-9
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2004年10月
書店発売日
登録日
2014年12月19日
最終更新日
2014年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

その愛は肉体を貪る愛だ。東京とパリという距離が、愛をより激しくかき立てる。…世紀末の「HANA-BI」と〈厚底族〉時代の日本(神楽坂・飯田橋・市ヶ谷・根岸)を舞台に、フランス人女性の愛と孤独の日々を赤裸々に綴った詩的ロマン!

前書きなど

「主人公サラ・スュルタナの年齢は三十歳、東京でフランス語を教えている。物語は父が死に、サラがパリに帰るところから始まる。東京に戻った彼女は、父の死が引き金になって過食症に陥る。無気力、虚脱感、孤独感、不安、自己嫌悪、これらからの逃避、それが彼女にとっては食べることだ。……そしてサラは精神分析医の治療を受ける。そんなある日、彼女は東京日仏学院でリュカ・アルシンスキーと出逢う。…」(本書「あとがき」より)

著者プロフィール

コリンヌ・アマール  (アマール,コリンヌ)  (

著者略歴 コリンヌ・アマール(Corinne Amar) 1991年から日本に7年間滞在し、神戸にある甲南女子大学、東京日仏学院、NHKテレビでフランス語を教える。現在パリのリセで、フランス語と英語を教えながら、新聞の文学欄に記事を執筆している。著書に『基本単語を覚える フランス語クロスワード〈2〉』(共著、1998、第三書房)ほか

関谷 一彦  (セキタニ カズヒコ)  (

大阪生まれ。関西学院大学助教授。専門は18世紀フランス文学、エロティシズム。共著書に『危機を読むーモンテーニュからバルトまで』(白水社)、論文には「ディドロのエクリチュールのエロティスム」、「性を通してみた日本とフランスールソーのエミールの位置」、「18世紀のフランスのエロティックな版画と日本の春画」など。

上記内容は本書刊行時のものです。