版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ガラスの玉ねぎ 岡崎 勝(著) - ジャパンマシニスト社
.

ガラスの玉ねぎ こどもの姿を写し出す1年白組教室通信

B5判
232ページ
並製
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-88049-122-6
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2004年3月
書店発売日
登録日
2012年3月12日
最終更新日
2012年3月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●1年生の春夏秋冬が岡崎学級の通信全47号を通してわかる
勉強のこと、給食のこと、席替えに遠足……。
一年生にとってはどれも初めて。
楽しい気持ちと不安な気持ち、泣いたり、笑ったり、怒ったり。
見守るお母さんも子ども以上にドキドキ、ハラハラ……。
『ガラスの玉ねぎ』はそんな新1年生のお母さんに贈る学校生活のバイブルです。
著者の岡崎勝さんは、ごくふつうの公立小学校の先生です。その岡崎先生が受けもった1年白組の保護者にあてた教室通信がこの本の軸になっています。

目次

はじめに 3
索引 5

ドキドキハラハラ1学期
1学期のひとことポイント 8
第1号~第17号 9

チャレンジと覚悟の2学期
2学期のひとことポイント 82
第18号~第33号 83

スタイルをつくる3学期
3学期のひとことポイント 150
第34号~第47号 151

匠の技師
岡崎勝流教室通信
10のコツ 11のツボ 215

教室通信を彩る
ポイントカット集 223

あとがき 229

前書きなど

『ガラスの玉ねぎ』に登場する子どもたちは、「宇宙人」でもないし、マスメディアで騒がれている「子どもたち」でもない。ごく「フツー」の子どもたち。ボクが担任した、1年白組は、特別な子どもたちがあつまったわけではない。どこにでもある、やんちゃな、街の子どもたちなのだ。
 入学したばかりの新1年生は、ひとつの「世界」を背負っているように見える。学校という未知の世界が、そこにある。入学したとたんに、子どもたちの見る世界、触れる世界、聞く世界、そのすべてが、突然四方八方に広がっていく。まあ、大人なら、ショックでしばらく寝込むような事態なのだ。
 ところが、子どもたちは、その世界を背負いながら、思いっきり飛び跳ねる。着地を考えずに跳び、どこの港へ行くのかも知らずに船に乗り込む。好奇心と恐れがないまぜになり、学校世界への航海が始まる。
かれらが、28人集まって、ボクがもぐり込み、ブレンドされると、とたんに教室はワンダーランド。子どもたちのタンポポ色の笑顔や、照りつける太陽のような熱気、淡いパステルカラーのやさしさ、そして、厳しく吹きあれる感情のぶつかり合いが、流れるように次から次へと、教室に現れ出る。
 それらを、ボクは可能なかぎり書き続けてきた。子どもたちを、過小評価も過大評価もせず、とにかく、あるがままを受け入れたつもりだ。かれらの色とボクの色を教室というパレットで混ぜ合わせ、どちらの色でもない、あたらしい色を出すという、その作業は、本当にゆかいだった。
 さて、そんな子どもたちの虹のスペクトルを、ガラスの玉ねぎ越しでは、どんな風に見えるか、どうぞお楽しみください。

著者プロフィール

岡崎 勝  (オカザキ マサル)  (

1952年、名古屋市生まれ。『おもしろ学校ごっこ』全3巻(共著・KTC中央出版)、『100万人の教員のための悩みごと相談』(共編・日本評論社)ほか著書多数。教員稼業も遊び心をなくさないで、学校でも、したたかに、かつ楽しく生活したい。「子どももボクも生活人」がモットー。

上記内容は本書刊行時のものです。