版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
わたしの物語 セサル・アイラ(著) - 松籟社
.
創造するラテンアメリカ 2

わたしの物語

発行:松籟社
四六判
158ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-87984-307-4
Cコード
C0397
一般 全集・双書 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年7月
書店発売日
登録日
2012年6月19日
最終更新日
2012年8月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 「わたしがどのように修道女になったか、お話しします。」
 ある「少女」が語るこの物語は、読者の展開予想を微妙に、しかしことごとく、そして快く裏切ってゆく―。
 数多のラテンアメリカ作家が崇拝してやまないセサル・アイラの代表作、待望の邦訳。

著者プロフィール

セサル・アイラ  (アイラ,セサル)  (

 1949年、アルゼンチンの町コロネル・プリングレスに生まれる。のち首都ブエノスアイレスに移り、現在も同地に在住。
 1975年に小説『モレイラ』を刊行したのを皮切りに、次々と作品を発表、現在までに小説やエッセイを60冊以上刊行している。1992年刊行の『試練』は、ディエゴ・レルマンによって映画化された(邦題『ある日、突然。』)。
 ロベルト・ボラーニョが「今日のスペイン語作家で五指に入る存在」と評価するほか、後の世代の作家たちからも絶大な支持を集めている。

柳原 孝敦  (ヤナギハラ タカアツ)  (

 1963年生まれ。東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得退学。
 現在、東京外国語大学総合国際学研究院教授。
 専攻はスペイン語文学・文化論。
 著書に『劇場を世界に─外国語劇の歴史と挑戦』(共編著、エディマン/新宿書房、2008年)、『ラテンアメリカ主義のレトリック』(エディマン/新宿書房、2007年)、『映画に学ぶスペイン語』(東洋書房、2010年)がある。
 訳書にアレホ・カルペンティエール『春の祭典』(国書刊行会、2001年)、ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』(共訳、白水社、2010年)、カルロス・バルマセーダ『ブエノスアイレス食堂』(白水社、2011年)、『チェ・ゲバラ革命日記』(原書房、2012年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。