版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ペインティッド・バード イェジー・コシンスキ(著) - 松籟社
.
東欧の想像力 7

ペインティッド・バード
原書: The Painted Bird

発行:松籟社
四六判
306ページ
上製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-87984-260-2
Cコード
C0397
一般 全集・双書 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年8月
書店発売日
登録日
2011年6月28日
最終更新日
2011年8月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-06-08 日本経済新聞  朝刊
評者: 奥彩子(共立女子大学教授)
2011-12-25 読売新聞
評者: 都甲幸治(アメリカ文学者、早稲田大学准教授)
2011-10-23 読売新聞
評者: 都甲幸治(アメリカ文学者、早稲田大学准教授)
2011-10-02 読売新聞

紹介

第二次大戦下、親元から疎開させられた6歳の男の子が、東欧の僻地をさまよう。ユダヤ人あるいはジプシーと見なされた少年が、その身で受け、またその目で見た、苛酷な暴力、非情な虐待、グロテスクな性的倒錯の数々……危うさに満ちた、ホロコースト小説。
旧邦題『異端の鳥』(角川書店)の新訳版。

著者プロフィール

イェジー・コシンスキ  (

1933年、ポーランドの工業都市ウッチに生まれる。ロシア系亡命ユダヤ人の両親をもち、ヨセフ・ニコデム・レヴィンコップと名づけられたが、第二次大戦勃発後イェジー・コシンスキを名乗り、またカトリックの洗礼を受けることで、ナチスの迫害を逃れる。ウッチ大学卒業後、ワルシャワのポーランド科学アカデミーの研究員となるも、1957年、アメリカに亡命した。コロンビア大学で学びつつ、ジョゼフ・ノヴァク名義で2冊のノンフィクションを発表。1965年、『ペインティッド・バード』を刊行し、センセーションを巻き起こす。同書は発表当初からバッシングにさらされ、近年ではゴーストライター疑惑や盗作疑惑がもちあがり、また主人公の少年がたどった経験と作家の伝記的事実との相違など、大いに物議をかもしつつ、現在に至るまでロングセラーとなっている。小説作品としてほかに『異郷』(原題Steps、1968、全米図書賞受賞)、『庭師 ただそこにいるだけの人』(原題Being There、1971)など。合衆国PENクラブ会長を務めるなどの名声の陰で、シャロン・テート事件とのかかわりやCIAとの接触疑惑など、毀誉褒貶の振幅が大きかった。1991年、自宅の浴室内で自殺。

西成彦  (

1955年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。専攻は比較文学、ポーランド文学。
著書に、『ラフカディオ・ハーンの耳』(岩波書店、1993)、『イディッシュ 移動文学論Ⅰ』(作品社、1995)、『森のゲリラ 宮沢賢治』(岩波書店、1997)、『耳の悦楽 ラフカディオ・ハーンと女たち』(紀伊國屋書店、2004、芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞)、『エクストラテリトリアル 移動文学論Ⅱ』(作品社、2008)など。
訳書に、ゴンブローヴィッチ『トランス=アトランティック』(国書刊行会、2004)など。

上記内容は本書刊行時のものです。